専門家は、入国規制の緩和により、日本でのコロナ亜種について警告しています

日本は入国要件を緩和し、今日から観光客は再び入国できるようになりましたが、これにより検査が少なくなりました.

この状況はまた、コロナ陽性の報告が少なくなることにつながりますが、専門家は、無症状の人々がチェックを通過し、新しいコロナバリアントが日本に到達する可能性があると警告しています.

入場規則が緩和されているため、実質的にテストはありません

日本の厚生労働省によると、厳しい入国規則がまだ有効だった5月、日本到着時に1日平均92人がコロナウイルス陽性でした。

今月の陽性検査数が最も多かったのは5月9日の142人で、5月3日と4日の48人中最も少なかった。

調査時ではなく、厚生労働省発表時のデータです。

6月1日以降、98のいわゆる「安全な」国から2万人が入国を許可されました。 日本到着時のコロナ検査や検疫はありません。

それ以来、空港での陽性検査の数は大幅に減少しています。

80%の人が入国時に検査を受けなくなった

日本への入国を希望する人は、生後72時間以内のPCR検査を提示する必要がありますが、厚生省の統計によると、日本への旅行中にコロナウイルスを運ぶことができます.

5月の到着者の陽性結果が6月まで続く場合、毎日100人以上の感染者が検査を受けずに日本に入国する可能性があります.

一部の推定によると、6 月 1 日の変更の結果、旅行者の約 80% が日本での検査を免除されます。

厚生労働省のデータによると、6 月 1 日までに実施されたゲノム解析により、314 人の旅行者が BA.2.12.1 と呼ばれるオミクロンのサブバリアントに感染していたことが示されました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。