安倍首相暗殺で警察署長辞任

7月8日、日本の安倍晋三元首相が路上での暗殺未遂で射殺されました.現在、日本の警察署長は政治家の不十分な保護の責任を取りたいと考えており、辞任を発表しました.

中村格氏は木曜日の記者会見で、「私たちが新しいセキュリティ対策を推進するにつれて、新しい人々のリストで問題に取り組むのは自然なことです.

日本の安倍元首相は、奈良市の交差点での選挙演説中に元軍人によって手製の武器で後ろから近距離で撃たれた. この暗殺は、犯罪率が低く、銃規制が非常に厳しいことで知られるこの国、そして世界中で怒りを引き起こしました。

安倍晋三暗殺:日本の警察署長が辞任

警察署長は、事件の捜査報告書の提出中に辞任を発表した。 その日、警視庁から派遣された警官と地元の警察官数人が安倍の近くにいました。 それにもかかわらず、加害者は警官に気づかれずに後ろから安倍に近づき、ショルダーバッグから自作の銃を取り出し、それを狙い、トーリー党の政治家に2発発砲することができました.

安倍首相はガードレールの後ろの交通島に立っていた. 彼が話し始める直前に、地元の警官の1人が、安倍に背を向けて立ち入り禁止区域に入り、他の警官や事件指揮官に知らせずに聴衆に直面した.

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません: 本当の封じ込めなし:日本がコロナウイルスをどのように打ち負かしたか

日本では、政治家は交通量の多い交差点、駅前、デパートの前などで、あまり遮蔽物をつけずに演説をするのが通例です. 安倍さんを殺した犯人はその場で逮捕されました。 11月末に、彼は心理検査を受けなければなりません。 彼は、物議を醸している統一教会の韓国宗派の創始者であるサン・ミョン・ムンに対する憎しみを、安倍首相が関与していた行為の動機として挙げた. (アルプ/DPA)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。