安倍晋三は助かった

メディアの報道によると、攻撃者は最初のショットが発射される前に、阿部から約7メートル以内に近づきました。 読売新聞は捜査関係者の話として、その後約5メートル離れたところから2発目を発射したと報じた。 元海軍特殊部隊と CIA のジョン・ソルティスによると、安倍首相のボディガードは政治家の周りに「同心円」を形成しているようには見えず、群衆を監視していたわけでもなかった。

治安部隊はひどく反応した

ビデオ映像には、2 人のボディガードが安倍と銃撃犯の間を行き来し、他の 2 人のボディガードが銃撃者に向かって突進している様子も映っている。 危機管理とテロリズムの教授である福田充によると、それは間違った答えでした. 彼によると、治安部隊は攻撃者を追跡するのではなく、安倍を保護するべきだった.

元警察官の佐々木康弘さんも同じ。 「誰もが驚いて、安倍のいるところには誰も行かなかった」と危機感が足りなかった。 そうでなければ、暗殺を防ぐには4人の警備員で十分だったでしょう。 米外交安保局の関係者によると、安倍首相はそのような状況で「ベルトと首輪でつかみ、体で保護し、連れて行く」ために、自分のボディガードを持っていたはずです.

警視庁は間違いを認める

元東京警察長官の池田勝彦氏も、安倍首相の治安部隊が1、2秒で彼に到達できるほど近くにいれば、状況は大きく変わっていただろうと語った. 地元の警察を監督する日本の警察庁は、過ちを認めており、「警察の関与の仕方にも問題があった」とロイターの取材に答えたが、詳細は明らかにしなかった。

安倍の選挙運動の警備を担当する奈良県警はロイターに対し、安倍の死にまつわる治安上の懸念を徹底的に調査すると述べたが、それ以上のコメントは控えた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。