安倍前首相を追悼、国をあげて追悼 – 海外

日本政府は、殺害された安倍晋三元首相の名誉のために不人気になっている.

火曜日、最近暗殺された日本の元首相、安倍晋三氏を偲んで国葬が執り行われた。 この国では異例の栄誉であるが、強い抵抗を受けている。 政府はますます不人気になっている。

内部では、1 つの大きなユニットのように見えました。 現在の岸田文夫首相と前任の菅義偉首相にふさわしいスピーチの後、約 200 の国と地域の代表者が 1 人ずつ行進し、故人の等身大の写真が吊るされて頭を下げました。

武道館はおそらく東京の中心部、そして日本全国で最も有名なイベント、スポーツ、コンサートの会場であり、安全を確保するために何万人もの警察が集まっていました。 結局のところ、その国葬に出席した人は誰でも、2 か月半前のキャンペーン イベントで死亡していました。

2012年から2020年まで首相として日本を率いた安倍晋三氏は、火曜日に最後の敬意を表した。 豪華なイベントでした。 武道館や東京の他の場所の外では、多くの人々がこのイベントを非難するために再び抗議した. 「ハンタイ」はドイツ語で「反対」という意味で、さまざまな看板に書かれていました。

日本は通常とは異なる数週間を過ごしました。 東アジアでも、死者を貶めないのが一般的です。 安倍晋三氏が 7 月 9 日に西日本の奈良で路上で射殺された直後、全国でほとんど同情の声しか聞こえなかった。 安倍首相の暗殺から 2 日後、安倍政権の与党である自民党 (LDP) は、衆議院選挙で大勝した。 安倍首相の私葬は数日のうちに執り行われた。

7月中旬までに、岸田文雄首相の政府はこれまで以上に人気があるように見え、他の政党との連立で憲法上の過半数を獲得した. 自民党周辺の保守勢力は、何十年もの間、国の防衛を強化するために憲法を変更しようとしてきました。 憲法改正に生涯を捧げてきた安倍首相の突然の死は、ナショナリストたちの願いをかなえたかに見えた。

しかし、政府が殺害された安倍首相に国葬を捧げる意向を発表したとき、国のムードは変わりました。 世論調査によると、日本人の大多数がそのような名誉に反対している. これまで国葬を認められた首相は、第二次世界大戦後、日本を新しい時代へと導いた吉田茂だけだ。 安倍首相を批判する人々は、ナショナリストがあまりに物議を醸す政治家だったと指摘している。

他にも批判点があります。 イベントの費用は約 1,150 万ユーロに相当すると見積もられており、反対派はこれを高すぎる楽しみと考えています。 特に安倍首相の場合、いくつかの縁故スキャンダルに巻き込まれている. 安倍の殺害者はまた、彼が「統一教会」として知られるカルトと関係があり、メンバーを金銭的に搾取していると非難していた.

殺人者の阿部は、「統一教会」が母親を財政的に破産させ、阿部が彼女と接触していたと述べて、彼の犯罪を自白した. 一方、そのような接続は確認されているだけではありません。 また、約200人の国会議員が「統一教会」と関係があることも明らかになりました。 岸田首相は内閣改造でスキャンダルに対応したが、安倍晋三の国葬を維持したかった。 これにより、岸田は目に見えて人気​​のある首相から、短期間で非常に人気のない首相に変わりました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です