多くの日本人女性は、仕事が結婚生活の妨げになっていると考えている

最近の調査によると、日本の女性の 50% が、仕事が結婚生活の妨げになっていると考えています。 人材派遣会社ビースタイルが実施した調査によると、日本の女性は仕事と家庭生活の両立という問題に直面していることが明らかになりました。

世論調査 女性の 32.8% は結婚と仕事の両立にほとんど問題がないと答え、14.6% は問題ないと答えました。

男性が理解を示せば、関係の幸福度が高まる

夫の仕事に対する理解が幸福度にどのように影響するかを尋ねたところ、67.4% が「理解があると幸福度が増し、理解されないと幸福度が低下する」と答えました。

男性が妻の仕事に理解を示しても、結婚生活の幸福度は変わらないと答えた人は20.4%。

家族の協力がなければ仕事と結婚生活の両立は難しい

調査では、インタビューを受けた女性の何人かは、女性は結婚と仕事を両立できるが、子供が生まれるとより問題になると述べた.

2019年の調査によると、日本の女性の大多数がより良い仕事と子供のバランスを望んでいます. 特にパンデミックは、日本政府がこの分野でやるべきことがまだたくさんあることを示しています。

また、インタビューに応じた多くの女性は、家族の理解と協力がなければ、女性は仕事と結婚生活のバランスを取ることができないと考えていました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。