外国人株主は日本企業の取締役会にもっと女性を求める

最近、日本の主要な貸し手であるアコムは、株主との会合を開催しました。 特にヨーロッパの投資家は、会社の定款を修正して、取締役会に少なくとも 1 人の女性を任命するよう求めています。

現在、取締役6名全員が男性です。 株主は、取締役会の意思決定プロセスへの女性の参加は、クライアントの長期的な利益を促進する傾向があると主張しています。 しかし、これまで日本では、投資家が男性と女性の取締役会への指名に注目することはほとんどありませんでした。

大企業ではより多くの女性が意思決定を行うべきです

しかし、アコムの経営陣はこの動きに反対しました。 代わりに、性別や国籍に関係なく、取締役会で働くスキルを持つ従業員が選択されます。 欧州の株主からの提案は当面却下されたが、専門家は、企業がより多くの女性を昇進させるよう圧力がかかり続けると予想している.

他の投資家も、日本企業に対し、より多くの女性を取締役に任命するよう強い圧力をかけています。 日本企業の管理職に占める女性の数は、欧米に比べて圧倒的に少ない。 今年のいくつかの会議で、監査役会の女性メンバーの数が少ないことがすでに批判されています。

アメリカとヨーロッパの一部の投資家は、管理職に占める女性の割合が金融参加を支持する要因であるとすでに認識しています。 このため、日本企業は将来、女性の雇用枠を増やすことを余儀なくされるでしょう。 機関投資家は、意思決定プロセスへの女性の参加を増やすことにも取り組んでいます。

大規模な株式会社などの一部の企業は、統治機関でより多くの女性の声を積極的に求めることをすでに発表しています。 国際投資家の資金から恩恵を受ける企業がますます多く、このイニシアチブに参加する準備をしています。 日本でも活動している大規模な国際企業は、取締役会に女性がいなければ、今年すでに男性取締役に反対票を投じています。

国際的な株主は、取締役会に女性の議席がない場合、男性の CEO の任命を阻止したいと考え続けています。 このアプローチの理由は、世界中の日本企業の監査役会における女性の割合が低いことにあります。

外国人株主だけが変化に賛成

日本の大手上場企業のうち、取締役会に女性がいるのは72社のみです。 米国では、これは 393 の大企業に匹敵します。 ただし、問題に対処する初期の試みがあります。 に ヘアケア製品のトップメーカー 1 人のトランスジェンダーの人が外部メンバーとして理事会に参加しました。 社内では、12 名の取締役のうち 3 名が男性ではなくなりました。

以前は、7 人の評議員のうち、女性は 1 人しかいなかった。 株主は数を増やすよう働きかけ、最終的に成功しました。 同社はさまざまな段階を検討したため、より多くの女性を任命することにしました。 とはいえ、特に外国人投資家が女性管理職数に関心を持っていることは依然として顕著です。 彼らは通常、総会中に議決権を行使する機会しかありません。

しかし、提示された書類には取締役会のメンバーの名前しか記載されていないことが多く、外国人投資家が性別を特定することは必ずしも容易ではありません。 このため、日本企業がこの分野においても開示義務を完全に遵守することを要求する専門家がますます増えています。 残念なことに、そうすることに消極的であることは、多くの企業でより多くの女性を取締役会に任命する取り組みが十分に展開されていないことも示しています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。