堀島選手がモーグル2連覇、女子では川村選手が初優勝

日本は土曜日にモーグルワールドカップの両方の表彰台を獲得し、堀島生馬が2年連続で優勝し、川村杏里がシーズン初勝利を収めました.

モーグルスキーで北京オリンピックの銅メダリストである堀島は、フランスのアルプデュエズで行われた男子決勝で、フランスのベンジャマン・カヴェを破った. 前日、彼はすでに初勝利を収めていました。

アルプ デュエズの過酷なスキー スロープがアスリートに挑戦

過酷なアルプ デュエズ コースの犠牲者の 1 人はミカエル キングズベリー (カナダ) で、ウィリアム フェネリー (イギリス) との予選ラウンドの試合で予期せずクラッシュし、2010 年以来初めて決勝への出場資格を失いました。

キングズベリーの不在中、村田ゆらと(同じく日本)、セヴェリ・ビエレラ(フィンランド)、パベル・コルマコフ(カザフスタン)を破り、ベンジャミン・カヴェ(フランス)を破り、再び使命を帯びた男となったのは堀島生馬だった。

堀島は落ち着いて冷静にコントロールを保ち、コーナーをきれいに保ち、スピードを上げ、スマートに抑え、週末のアルプ・デュエズで2勝目を挙げた。 堀島選手は過去 2 シーズンでアルプ デュエズに 4 回出場し、3 勝と 3 位を記録しており、このサーキットで最も成功したアスリートとなっています。

成功した女性と川村も

女子では、昨シーズンのワールドカップ総合順位で 2 位に終わった川村が、金曜日のモーグル決勝への出場権を獲得できませんでした。

しかし土曜日、彼女は女子決勝でフランスのペリーヌ・ラフォンを破り、モーグルで初の金メダルを獲得し、今シーズンの 5 つの大会で 4 度目の表彰台を獲得しました。

グランドファイナルに向かう途中、彼女はケーシー・ホッグ(アメリカ)、マカイラ・ガーケン・スコフィールド(イギリス)、ジャカラ・アンソニー(オーストラリア)を破った。

決勝では、川村選手は疲れを見せませんでした。 18 歳の彼は、タフなアルプ デュエズ コースをヘラを下げたまま駆け抜け、中間セクションをマスターし、最終セクションもスタイリッシュにフィニッシュしました。

ラフォンは地元の観客の前で最高のスキーを披露しようとしましたが、川村のスピードとジャンプに匹敵するほどきれいな中央部ではありませんでした。 最終的には日本人が勝ち、今シーズン初勝利を挙げた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です