台風は日本に記録的な大雨をもたらしました

7月5日に長崎県で本土を襲った台風は、九州とシュコク地方に記録的な大雨をもたらしました。

気象庁によると 土砂崩れは、西日本から東日本の太平洋にかけて、引き続き予想されます。

須崎、雲仙、荒尾、大牟田で記録的な豪雨

気象庁によると、高知県西部では「線上湖水帯」と呼ばれる帯状雨が記録的な大雨となった。 須崎市では、3 時間で 208 ミリの雨が降りました。

雲仙、荒尾、大牟田では、台風が日本本土を襲ったため、120mm の降水量が見られました。 大牟田では7月の時間降水量85mmを記録。

消防庁によると、愛媛県と鹿児島県の2市で4万4804世帯、9万610人が避難。 同庁はまた、7月5日に高知県の8軒の家屋が浸水したことを確認した.

その他の地域でも大雨が予想されます

その後、台風はサイクロンに変わりましたが、気象庁は、東海地方で最大200mm、関東甲信と近畿地方で150mm、九州南部で100mmの降水量が予想されると警告しています。

太平洋高気圧の端から吹く暖かく湿った空気のために気象条件が不安定になるため、北日本の一部でも大雨が予想されています。

北海道と東北地方では最大 80 mm の降水量が予想されます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。