台湾:西太平洋における習近平の爆発的な作戦:赤いタコが広がっている

北京は台湾周辺の状況をエスカレートさせ続けている。 一方、習近平国家主席は 13 隻の軍艦を台湾海峡に派遣し、30 機の戦闘機を空に飛ばしました。 これにより、共産党指導部は台湾海峡に対する主張を強調している。 世界貿易にとって重要なこの水路は、国際的な水域です。 しかし、北京は、それは完全に中国に属する内海であり、したがって中国によっても支配されなければならないと主張している.

国際社会は、現在の状況のエスカレーションの前でさえ、この見解に反対していました. ドイツは、2021 年 9 月に台湾海峡を越えてフリゲート艦バイエルンを派遣しました。罰として、その後、船は中国にドッキングすることを許可されませんでした。 フランス、日本、アメリカ合衆国は、ドイツと同じ立場をとってきました。台湾海峡では国際法が適用され、中国法は適用されません。 最近の過去を見ると、人民共和国がナンシー・ペロシの訪問を、西太平洋での積極的な政策を追求するための口実としてのみ使用したことが示されています。

この植民地政策の犠牲者は台湾だけではありません。中国の軍事演習はフィリピン沖で定期的に行われています。 したがって、米国務長官ブリンケンは、中国がマニラを攻撃した場合、米国はマニラを支援すると繰り返した。 中国の傭兵は、昨年3月以来、フィリピンに属するスプラトリー諸島の一部を占領しています。 さらに、北京は南シナ海に人工島を建設し、軍事化した。 目標は、西太平洋のこの部分を国有水域にすることです。 これが、北京がこの海の上および海にある国から土地を撤去しなければならない理由です。

他のユーザーも興味を持っています: China Understandinger による分析 – ウクライナと台湾: 習近平の工作員はスパイ フェスティバルで危険なほど無知である

台湾の海上封鎖に続いて、中国軍はミサイルを発射し、台湾沖の海域に命中させました。 日本の領海内ではミサイル5発も撃沈された。 そうすることで北京も東京を挑発する。 日本は台湾の同盟国です。 韓国と中国の人々に計り知れない苦しみをもたらした旧植民地帝国 (中華民国の支持者と毛沢東の反乱軍は内戦を中断して、残酷な日本の侵略者と一緒に戦った) は、台湾のお土産では比較的よく知られています。 日本はこの島を近代化プロジェクトに使用し、植民地時代の優れたスタイルの例として世界に見せたいと考えていました。

Alexander Görlach の本 (広告)

レッドアラート:太平洋における中国の攻撃的な外交政策がどのように世界戦争につながっているか

今日、地震が台湾を襲うたびに、日本は支援を申し出ます。 北京は抗議し、「領土保全」を理由に外国人援助要員が台湾に入国しないよう要求している。 台湾の所有権に対する北京の主張は、スプラトリー諸島の主張と同様に根拠がない。 合計で、中国には 17 の領土および国境紛争があります。 良き隣人は違います。 日本海域でのミサイル発射は、状況をさらに悪化させます。

恐ろしい戦争の過去のために、日本は自国の軍隊を持っていませんが、韓国のように緊急時には米国によって守られています. したがって、北京が台湾、フィリピン、韓国、または日本と戦う場合でも、米国およびその同盟国との全面的な戦争のリスクが常に存在します。

台湾の内外の軍事戦略家は、中国軍の行動を台湾侵攻のためのリハーサルと見なしている。 侵攻の数週間前、クレムリンの指導者はまた、ウクライナとの国境に兵士を集め、それを「作戦」と呼んだ。 プーチン氏の友人を自称する習近平氏は、ロシア軍の行動を真似したいようだ。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。