台湾紛争:日米は緊密に協力したい – 政治

– 日本と米国は、中国の権力追求についてますます懸念を強めている。 台湾をめぐる最近の紛争を考慮して、2 つの同盟国は緊密な結束を示しています。

日本と米国は、最近の台湾紛争における中国の武力行使に照らして、安全保障同盟の重要性を再確認した。

日本の岸田文夫首相は金曜日、米国下院議長ナンシー・ペロシ東京と会談した後、「台湾海峡の平和と安定の維持を確保するために緊密に協力することを確認した」と述べた。 その前日、台湾沖での人民解放軍の演習中に、日本の排他的経済水域 (EEZ) に 5 発のミサイルが落下した。 岸田氏は「中国の行動は地域と世界の平和と安定に深刻な影響を与える。

ペロシの訪問

日本は中国に抗議し、作戦の即時中止を要求した、と岸田はペロシとの会談後に語った。 米国下院議長は、アジアへの旅の終わりに前日に日本の首都に到着していた. 彼女は以前、シンガポール、マレーシア、台湾、韓国で講演を行った。

台湾への訪問に応えて、中国は木曜日に数十年で最大の軍事ショーを開催しました。 筋肉の屈曲は、台湾が独立に向けてさらに前進するのを阻止することを目的としています。 彼らはまた、紛争に近づかないようにという米国への警告でもあります。 日本は、ペロシ氏の台湾訪問について公式の立場を表明することを控えているが、対話による問題の平和的解決を求めている。

日本はワシントンの重要な同盟国であり、近年、防衛能力を構築してきました。 アメリカは日本の保護国でもあります。 米国は、台湾の北東約 700 キロにある日本の沖縄島に約 50,000 人の軍隊を駐留させています。 日本と米国はまた、安全保障と平和の分野での緊密な協力を通じて、中国がインド太平洋地域やドイツを含むヨーロッパの他の民主主義国に及ぼす影響力の増大を阻止したいと考えています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。