卓球 – ベルリン – ミッテルハム: ブンデスリーガの代わりに日本がトレーニング – スポーツ

ベルリン (dpa/bb) – 世界ランク 12 位のニーナ ミッテルハム (TTC ベルリン イーストサイド) は、来たる 2022/23 卓球ブンデスリーガ シーズンの前半にクラブを欠場します。 ミュンヘンで開催中の卓球選手権の直前に確認されたように、25 歳の彼女は日本の T リーグ クラブである九州アスティダで冬までプレーする予定です。 ミッテルハムは、一時的な変更を卓球の可能性の「進歩」として正当化した. 多くの場合、アジア人と対戦することは学習を意味し、経験はそれを助けます。

婚約前に、彼女はドイツのトッププレーヤーであるハン イン (タルノブジェク) とシャン シャオナ (イーストサイド) に話を聞き、どちらも以前に日本でプレーしたことがあり、彼女にアドバイスを与えました。 シャンは再び日本で戦うことになる。 これは、イーストサイドがブンデスリーガシーズンの前半に、以前のオベレス・パールクロイツなしでプレーすることを意味します。 現在の状況によると、新しいチームは、予選ラウンドのChing Lee Ho、Elizabet Abramian、Sabina Surjan、Ding Yaping、Ran Li Kath、Kathrin Mühlbach、Josephina Neumannで構成されています。

シーズン後半にはミッテルハムとシャンがチームに加わるため、プレーオフへの出場資格は手の届くところにあるはずです。

© dpa-infocom、dpa:220811-99-349580/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。