半導体市場の様子

東京の西、山梨県の田舎にある甲府半導体工場は、8年間空っぽのままだ。 ルネサス エレクトロニクスは、もは​​や建物を必要とせず、独自の声明によると、潜在的な購入者またはテナントとの合意に達していませんでした。 しかし現在、ルネサスは工場の再開に900億円(約6億3500万ユーロ)を投資している。 2024 年からは、パワー半導体は 18,000 平方メートルのクリーン ルームで 300 mm ウェーハを使用して製造されます。 これらのコンピューター チップは、電気の流れを調整し、電気自動車への移行に伴い重要性を増しています。 ルネサスは、この決定を、炭素経済の放棄への貢献として宣伝しています。 新旧工場の最終的な拡張では、同社はパワー半導体の生産能力を2倍にします。

パトリック・ウェルター

東京を拠点に日本経済・政治特派員。

山梨県への投資は、半導体業界の根強いボトルネックだけでなく、大きな世界的政治を反映しています。 ルネサスのシバタ・ヒデトシ社長は FAZ のインタビューで、「パワー半導体に真剣に関心のある人は、自社の生産能力を必要としている」と語った.投資決定は、地政学的リスクに対する意識の高まりにも基づいていた. 「ウクライナの状況が米国と中国の間の何年にもわたる緊張に拍車をかけているため、ビジネスの効率性と回復力のバランスが世界中で試されています」とシバタ氏は述べました。 彼によると、異なる地域間で研究開発だけでなく生産も分散することがますます重要になっています。

これは、世界中の半導体産業の場所の分布に影響を与えます。 「効率性が最優先事項でなくなった場合、ヨーロッパや日本のような地域はより重要になるでしょう」と、日本最大の自動車サプライヤーの 1 社の責任者である柴田氏は述べています。

空間の多様化がますます重要になっています

ルネサスは 21,000 人の従業員を擁し、売上高の約 30% を日本で、さらに 47% を中国とその他のアジアで生み出しています。 ヨーロッパの顧客は、売上高の約 15% に貢献しています。 柴田氏は、ドイツは電気自動車と産業に重点を置いており、主要な顧客を引き付けているため、ドイツへの新規投資に特に関心があると述べています。 ただし、「少なくとも今のところ」、ルネサスはドイツに新しい生産施設を建設する具体的な計画を持っていません。 しかし柴田氏は、ル​​ネサスはドイツや欧州での研究開発を強化するため、常に「新しい人材」を探していると指摘する。 ルネサスは、昨年英国のDialog Semiconductor社を買収したことで、ドイツでの活動も強化しています。 ドイツのルネサスでは、8 つの拠点に約 1,000 人の従業員が勤務しています。

ヨーロッパの重要性が高まるのを見る: ルネサス本社の柴田秀俊。


ヨーロッパの重要性が高まるのを見る: ルネサス本社の柴田秀俊。
:


画像: パトリック・ウェルター

空間の多様化の一環として、ルネサスはウクライナ西部のレンベルグに約 200 人の従業員を擁し、研究開発を行っています。 チームは、オフィスや自宅から仕事を維持するために懸命に働いています、とシバタは言います。 これまでのところ、大きな混乱はありません。

半導体企業だけでなく政府も、ドイツや日本を含め、必要な空間的多様化理論にますます従うようになっています。 半導体工場の新設に対する補助金競争が始まった。 日本の工業省は、日本の南西にある熊本市に半導体工場を建設するために、台湾セミコンダクター マニュファクチャリング カンパニー (TSMC) に最大 4,760 億円 (34 億ユーロ) を助成します。自動車部品業界もジュニアパートナーとして関与しており、国内の主要顧客も関与しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。