千葉の PGA トーナメントで成長した Straka – カップの Nemecz

オーストリアのゴルフ スター、ゼップ ストラカは、金曜日に千葉/日本で開催された PGA トーナメントで、ラウンド 16 でより優れた成績を収めました。

29 歳のウィーン人は、スタートで 72 打、合計 140 打 (パー) を記録した後、全体で 49 位に上昇しました. 一方、ワールド ツアーのアンダルシアのマスターズでは、ルーカス ネメツが 2 日目の好成績を収めて順位を落としました。何の問題。 Styrian は、トップ 10 フィニッシュの可能性を秘めた週末をスタートします。

日本では、ストラカはパー70の第2ラウンドで合計5つのバーディーをキャッチしましたが、ボギーとダブルボギーも含まれていました。 アンドリュー・パットナムとリッキー・ファウラー(10アンダー)の2人のアメリカ人が首位に立った。

ネメツは、スペインのソトグランデにあるレアル クラブ バルデラマのパー 21 コースで、前日の 70 ショットの後、69 ショットを必要としました。 スティリアンは 18 番ホールで 5 バーディーを記録し、ボギーとダブル ロスを記録しました。 彼は現在、3アンダーパーまたは11位タイです。 首位は9アンダーのトリオ。

一方、ベルント・ヴィースバーガーは、サウジアラビアのジッダにある LIV サーキットで、グリーンで 68 (2 アンダーパー) をマークしました。 3 つのボギーで 3 つのバーディーに加えて、ブルゲンランダーはイーグル、ダブルも獲得しました。 彼は 48 人の参加者の中で 16 位にランクされ、わずか 62 打数でコースを終了したアメリカのプロ、ブルックス ケプカがリードしていました。


(APA)/画像:成虫

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です