北海道の省スペース仮眠ボックスは、職場での短い仮眠を可能にするはずです

このニュースは、日本の疲れ果てたサラリーマンを注意深く注意深いものにします.7月14日、「Nap Box」は2社の共同記者会見で発表されました。 従業員が将来立ったまま昼寝できるように設計された繭型のポッド。

合板の暖炉ボックスは、くぼみのおかげで寝台車の頭、膝、腰を支え、転倒を防ぐことを目的としています。

銀行は2021年以来、企業間のパートナーシップを促進してきました

勤務時間中に眠ることは考えられませんが、日本では従業員が仮眠を取ることは、勤勉さと決意の表れですらあります。 この現象を「居眠り」(寝ていても居る)といいます。 同僚間の受け入れは、とりわけ、会社での年功序列と階層レベルに依存します。

札幌を拠点とする北洋銀行は、北海道の中小企業とアイデアを生み出す他の企業との仲介役を務めています。 家具メーカーの光洋樹合板株式会社との協力に加え、 アイデアジェネレーター株式会社イトーキ銀行の広報担当者によると、現在、他の 3 つのプロジェクトについて交渉が進行中です。

イトーキ社長の湊浩司氏によると、生産パートナーを選ぶ決め手は、北海道の家具メーカーが「仮眠ボックス」のアイデアを実現したいという革新的な技術だった。

北海道イノベーションプレイス

上の事業所 北海道 日本第2位の島内外の大手企業と一体となり、立地の強化と新商品の開発に力を入れています。 今後「お昼寝ボックス」の生産地として検討されている旭川市 家具製造センター 北海道で。

ちなみに、スリーピングカプセルの発売日と価格は未定で、いずれメーカーから発表される予定です。 それまでは、疲れた従業員は、小さなスペースで最高のリラクゼーションを約束し、観光客にまったく新しい睡眠体験を提供する多くのカプセルホテルの 1 つを予約できます。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。