北海道の人口の大半は、冬季オリンピックのために札幌にいます

日本の北海道の札幌市は、2030年に次の冬季オリンピックとパラリンピックの開催地になる可能性が高い. その結果、札幌での開催に賛成する人が増えています。

投票 郵便、オンライン、路上で直接実施されました。 市によると、回答者の過半数が札幌でのオリンピック開催に賛成だった。

冬季大会の予備調査結果が利用可能です

地域から合計 13,875 人の参加者が有効な回答を提出しました。

10,000 人に郵送で連絡がありました。 そのうち 5,775 人が回答し、アプリケーションに登録しました。 回答者の 52% が札幌での開催に賛成、39% が反対またはやや反対でした。

5,540 人の住民がオンライン調査に参加しました。 ここでは、57% が自国での冬季オリンピックに賛成で、26% が反対またはやや反対でした。

さらに 2,560 人が、映画館の外で行われる街頭投票でインタビューを受ける可能性があります。 入札公募に賛成か賛成が65%、反対か反対が26%だった。 4月分の詳細な調査結果が発表されました。

市政は住民との恒久的な対話に取り組みたい

事前調査の結果について、札幌市の秋元勝弘市長はすでに公式にコメントしている。 「私たちはある程度の支持を得ています」と彼は言いました。 「私たちは引き続き市民と関わり、彼らの懸念に対処するための努力を倍増させていきます。」

市当局はまた、2030年大会の準備を加速させたいという願望を繰り返した.

2023 年の夏に、国際オリンピック委員会は次の総会を開催し、次の冬季オリンピックとパラリンピックの開催地を決定します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。