創業100年を超える企業は日本が世界一

日本では、3 月に 3 万 3,000 社以上の企業が 100 年を超えました。これは他のどの国よりもはるかに多い数字です。

番号が割り当てられています日本企業は、単に利益を求めるのではなく、地域社会と協力して子孫に引き継いでいきたいと考えています。

伝統物語

最古の会社は金剛組で、その歴史は578年にさかのぼります。 百済王国 コーラン半島に招待されました。

また、虎屋製菓は非常に長い社歴をたどることができ、昔ながらの羊羹で有名です。 創業は室町時代(1336~1573)。 後陽成天皇(1586年~1611年)の御代に虎屋飴屋が飴を提供したという記録があります。

最も古い上場企業は、1586 年に設立された松地建設であり、続いて住友金属鉱山 (1590 年)、ワタン (1598 年) が続きます。

企業は利益を最大化するためだけに働くのではない

帝国データバンクによると、日本の老舗企業の戦術は「成長リング」モデルとして知られているユニークなものだ。 彼らは、利益を最大化することだけに集中するよりも、将来の世代のために家業や伝統を守ることに力を注いでいます。

この考え方が後継者選びに大きく影響します。 社長は多くの場合、創業家のメンバーから選ばれますが、著名な従業員は、元指導者の娘を結婚させて後継者にすることもあります。 最近では、大統領の息子の妻が主導権を握っています。

日本最古の企業:

  • 1 金剛組 (大阪); 578; 工事
  • 2 慶雲館(山梨県) 705; 旅館
  • 3 小満(兵庫県); 717; 旅館
  • 4 善五郎(石川県) 718; 旅館
  • 5 田中伊賀(京都); 885; 仏事用の物品の製造。

上場企業:

  • 1 松井建設 (東京); 1586; 工事
  • 2 住友金属鉱山 (東京); 1590; 鉱業
  • 3 綿半商事(東京); 1598; 小売、建設
  • 4 養命酒製造(東京); 1602; 薬用酒類の製造
  • 5 大洲(東京); 1653; 繊維問屋

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です