円安:日本は低賃金国になる

東京のダウンタウン

洗練されたインフラストラクチャ、高速インターネット、熟練した労働力。

(写真:ブルームバーグ)

東京 日本は長い間高賃金の国と見なされてきましたが、数十年にわたるデフレと最近の急激な円安により、世界第 3 位の経済大国である日本は雇用主にとって有利な場所となっています。 「東京を拠点とするソフトウェア エンジニアは、シリコン バレーはもちろん、ベトナムのエンジニアよりも 30% 安くなります」と、日本を拠点とするエコノミストでオンライン証券会社のマネックス証券のディレクターである Jesper Koll 氏は計算しています。

この年、円は米ドルに対して 18% 下落し、ユーロに対しては 5% 下落しました。 これは、安定した枠組み条件、優れたインフラストラクチャ、高度に熟練した労働力などの競争上の優位性と相まって、日本のコストが比較して低下し続けていることを意味します。

そのため、コル氏は、ビジネスマンが 6 月以降より自由に入国できるようになった後、日本のサービス企業や労働者を対象とした「投資の波」が来ると予想しています。 「現在の円安は、日本のサービス部門を世界経済に統合する重要な機会を表しています。」

デフレと円安:日本は低賃金国に

今すぐ読み続ける

この記事と他のすべての記事にアクセスする

ウェブとアプリで 4 週間無料。

継続する

今すぐ読み続ける

この記事と他のすべての記事にアクセスする

ウェブとアプリで 4 週間無料。

継続する

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。