円安は日本の輸出にとってプラスであり、輸入コストを押し上げる

日本銀行(BOJ)執行委員会のメンバーである中村豊明氏は、ロイターを通じて円とFRBの利上げが経済に与える影響について再度コメントしている。

最も重要な引用

円は今年これまでのところ大幅に下落しています。 高いボラティリティは日本経済に大きな影響を与えました。

米国での旺盛な需要抑制を狙った利上げなどにより、円安傾向。

円安は日本の輸出にはプラスだが、輸入は割高になる。

円安には賛否両論ありますので、注意深く見守る必要がありますが、最近の円の動きは米国経済の変化に後押しされているため、日銀ができることはほとんどありません。

米国経済が深刻な景気後退に陥ることはないと予想されており、世界経済が 3% 前後で成長を続けるという見方に大きな変化はありません。

日本の製造業者は輸入コストの上昇に苦しんでいますが、供給の制約が緩和され始めれば後押しされるでしょう。

日本の起業家は、新しい労働者を雇うために賃金を引き上げる必要があることをますます認識しています。これは最近見られた変化です。

市場の反応

執筆時点では、これらのコメントに惑わされず、USD/JPY は 136.70 前後で取引されています。 当日のスポットレートは0.32%下落。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です