全国高校野球選手権大会で女子の球技が認められる

甲子園としても知られる全国高校野球選手権大会が日本で始まろうとしています。 トーナメントは国内で最も重要なスポーツ イベントの 1 つと見なされており、今年はいくつかの革新があります。 現在、女の子はボールの子供として行動することが許可されています.

全日本高校野球連盟と朝日新聞社は7月27日、第104回大会の新ルールを発表した。 これからは女の子もボールチルドレンの仕事を引き受けることができると規定しています。

誰もがボールキッドになれる

ボールキッズは、チャンピオンシップベースボールにおいて重要な役割を果たします。 彼らは、必要に応じてレフリーに新しいボールを渡し、ゲームをできるだけ早く続行できるようにします。 以前は、このタスクは男の子だけが実行できました。

現時点で変更が行われる理由は発表されていません。 しかし、一般的に、主催者は女の子が選手権に参加する機会を拡大しようとしています.

チャンピオンシップは8月6日に正式に始まります。 このイベントは、さまざまな創設者のために、近年何度か批判されてきました。 現在、学校は子供たちに自分のチームを応援するために試合に車で行くことを強制しているように見えるため、応援文化が会話の主な話題です.

時代遅れのルールでチャンピオンシップの戦い

2016年、阪神甲子園球場での事件が騒動を巻き起こした。 大分チームのチーム アシスタントが、安全上の懸念があるとして、大会関係者によるトレーニング セッション中に追い出されました。 論争の後、2017年には、女の子がヘルメットを着用し、安全対策を尊重する場合、トレーニング中にアシスタントとしてフィールドにいることができると決定されました.

現在、この規制は拡大されています。 以前は、アシスタントはチャンピオンシップの開始前のトレーニングでのみ許可されていました。 リーグ戦直前のトレーニングにも対応できるようになりました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。