全国から芸妓・舞妓が集まる京都の「都のにぎわい」

芸者ほど日本の伝統芸能を代表する人物はいません。 多くの伝説と誤解が彼の職業を取り囲んでいます。 今日、伝統的な芸術家の困難な道を歩む女性はますます少なくなっています。 芸妓とその弟子である舞妓の共同公演で、先週末、京都で彼らの仕事がどのようなものかを紹介しました。

映画や本での誤った説明や描写によって形成された、高貴な売春婦としての芸者のイメージは、今日でも残っていると考える人もいます。 でも芸妓の仕事は、実はそれとは何の関係もありません。 代わりに、長く厳しいトレーニングの後、女性は日本が提供できる最も熟練したソロアーティストです.

Geisha – 最高レベルのソロアーティスト

芸者はダンサー、歌手、ミュージシャンです。 彼らはおもてなし、茶道、そしてもちろん学術的な会話のすべてのルールを習得しています. 仕事を正しく学び、実行するには、優れた規律と強力な社会的スキルが必要です。 そして、芸者になることは、伝統的に子供時代に始まり、今日でも何年も続く長い道のりです.

伝統的に、芸者はいわゆる「花街」に組織されています – 大まかに「花街」と訳されています。 彼らは芸者の家である置屋を収容しており、男性は例外的な場合にのみ入ることが許されています. たとえば、仕立屋、着付け師、かつら職人などの芸者の仕事で重要な仕事をするとき。 花街には、置屋の他にお茶屋もあり、芸妓や舞妓が客をもてなす茶屋です。

伝統的に、各花街には独自のダンスと歌の練習場があり、芸術を学ぶ学校もありました. 今日でも京都に 3 校、日本の首都東京に 1 校あります。 国内の花街の数も着実に減少しています。 かつてはすべての主要都市で見られましたが、今日では大阪、東京、そしてもちろん京都でしか見られません。

国の文化の中心地であるそこには、今日まで5つの芸者地区が残っています。 これらの 2 つの最も有名な地区は、多くの観光客にとって芸者文化の代名詞である祇園地区です。 他に花街先斗町、上七軒、宮川町などがあります。 ほとんどの場合、近所の芸者と舞妓は、伝統文化の市場が縮小している中で友好的な競争相手です. しかし、共同イベントのために集まることもあります。

美しい着物と伝統舞踊「都のにぎわい」

今週末の京都東山のように。 そこでは、5つの地区の芸妓と舞妓が集まり、一緒に「都のにぎわい」を披露しました。 パンデミックの開始以来初めて、イベント 南座劇場 大きな制限なしで行われます-出席者全員に事前のPCR検査のみが必要でした. 観客だけがマスクを着用する必要がありました。

番組で特に人気なのが「舞妓のにぎわい」。 それぞれの花街から4名ずつ、20名の舞妓が一斉に舞台で踊ります。 特徴は、舞妓さんは皆同じ髪飾りをつけていても、それぞれの花街ごとに違う踊りを踊るということ。 これには、若い女性の側に最大の集中力が必要です。 先週の金曜日、イベントの最後のリハーサル中に、数人の幸運な訪問者がすでにそれを見ることができました. 選りすぐりの舞妓さんたちが、華やかな着物姿で舞い踊ります。

出演者の中には宮川町花街の舞妓小明さん(19)もいた。 彼女は、近年、多くの公演がキャンセルされなければならなかったと言います。 彼女は、ついに制限なしで再び演奏できるようになったことをとてもうれしく思いました. 舞妓さんと先生方は、週末に 4 回ステージに上がりました。 日本の伝統芸能の祭典を見たい人は、最低でも 6,000 円 (約 42 ユーロ) を支払わなければなりませんでした。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。