元BVBスターの香川が日本代表として3度目のワールドカップ出場を目指す – 明らかな弱者DFBサイドに対して

香川真司は、ドイツ代表チームとのワールドカップのグループ戦で母国日本を明らかに負け犬と見なしている. 「マルコ・ロイスが負傷した場合、トーマス・ミュラー、またはバイエルンのすべての選手が負傷した場合、私たちは勝つ」と元BVBのプロはインタビューで語った. transfermarkt.de 「もちろん、ドイツとの最初の試合が最優先事項です。(…) 彼らは 1000% の情熱を持ってワールドカップに臨んでおり、おそらく日本がワールドカップの歴史の中で戦わなければならなかった最高のチームです。 .”

広告

現在、ベルギーの VV St. Truiden でプレーしている 33 歳の香川は、アジア代表での地位を争っています。 香川は「もちろん3度目の招集と出場を目指したい。 「だからこそ、私は毎日フットボールをプレーし、すべてを注ぎ込んでいるのです。それ以上のことは考えられません」 彼はキャリアの終わりの可能性についてまだ決定していません。

ワールドカップで、日本代表は11月23日にハンジ・フリック代表監督率いるドイツ代表と対戦する。 他のグループマッチでは、コスタリカと対戦し(11 月 27 日)、最後に 12 月 1 日に他の本命スペイン人と対戦します。

[Anzeige] ブンデスリーガの試合を見逃すことはありません: ここから現在のストリーミング オファーをチェックしてください WOW/スカイダゾーン.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。