倒壊の危機に瀕する東京の救助隊員

日本の首都である東京のレスキュー隊員は、感染の第 7 波と暑さによる緊急通報の数の増加に対応するのに苦労しています。 東京では、崩壊はそれほど長くは続かないと現在想定されています。

7月には、コロナウイルスに感染した人や熱射病にかかった人を病院に運ぶなど、救急車の95%が日本の首都で数日間勤務していました.

救急隊員が 20 時間連続で働き、何かを急いで食べたり、少し休んだりする時間さえないことは、もはや珍しくありません。

緊急通報の数が増えるということは、救急車が現場に到着するまでにますます時間がかかることを意味します。

東京消防庁の記録によると、7 月に救急車が緊急通報を受けた現場に到着するまでに平均 12 分 6 秒かかりました。 これは、2021 年全体の平均 7 分 20 秒のほぼ 2 倍でした。

2020 年と 2021 年には、日本の首都で毎日平均 2,000 件近くの手術が行われました。 今年の7月1日 しかし、その数は 3,274 に増加しました。 7 月 2 日には 3,188 人でした。

これは、2018 年 7 月 23 日の猛暑時に記録された 3,382 回のミッションの記録に遠く及びません。

さらに、病院内で患者のための場所を見つけることはますます困難になっています。

ライフガードはコロナウイルスに免疫がない

作業量の増加に対処するために、東京の消防士は、275 台の定期的に配置された救急車を補うために救助車両を使用しました。

しかし、人員不足が救助隊を惜しまないという問題があり、現在、消防士は救急隊員から引き継ぐよう求められています.

しかし、救助隊員はコロナウイルスに免疫がないため、人手不足が深刻化しています。

東京消防庁職員約1万8600人のうち、7月の感染者は約10%にあたる1538人。 感染した同僚と濃厚接触した人も、出勤しないように言われました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。