保健専門家が日本政府に行動を呼びかける

日本政府に対し、予想される感染者数の変化を含め、コロナ対策の見直しを加速するよう求める健康専門家の数が増えています。

パンデミックについて政府に助言するパネルの議長を務める日本最高の健康専門家である尾身茂氏は、 政府は 2 段階で進める必要があると述べています。 一方では、病院の負担を軽減し、社会的および経済的活動が可能であり続けなければなりません。

政府の行動は遅すぎる、と健康の専門家は言う

日本政府は、現在の日本でのコロナウイルスの蔓延が収まり次第、措置を見直したいと考えており、現時点では制限を実施したくないと述べていました. しかし、数日前にコロナ対策で都道府県に自由行動が認められました。

近江氏は記者会見で、「現在の状況では、流行が収まるのを待つのは適切ではない」と語った。

保健専門家の提案によると、コロナウイルスの蔓延が医療およびコミュニティレベルでレベル1に達した場合、5つの分野で新しい対策を直ちに講じる必要があります。 レベル 2 に達した場合は、より抜本的かつ柔軟な措置を促進するための法改正を視野に入れて、全面的な見直しを行う必要があります。

感染の報告は検証する必要があります

現在、医療機関と保健所が連携して新たな感染者を政府に報告しています。 感染拡大に伴い、長期化が危ぶまれています。

費用は当面は国が負担するが、医療機関が二級になると重症患者の治療や高額な薬の購入に公的資金しか使えなくなる。

感染症の報告も見直し、特定の地域や施設のデータを用いて傾向を観察し、危険にさらされている患者に関する情報を収集します。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。