佐々木はロングラップのダブルペナルティにもかかわらず勝利で気絶

日本人が驚異的なカムバックを果たし、オーストリアで優勝し、鈴木とムニョスが表彰台を獲得

佐々木歩夢 (Sterilgarda Husqvarna Max) は印象的なカムバックを果たし、Moto3™ CryptoDATA Motorrad von Österreich グランプリで、ロング ラップのダブル ペナルティにもかかわらず、優勝しました。 表彰台争いが最終ラップに差し掛かったとき、日本のスターは同胞の鈴木達樹(レパードレーシング)に10分の1以下の差をつけた。 新人センセーションのデビッド・ムニョス (BOE Motorsports) がオーストリアで表彰台を獲得しました。

佐々木の力作

レース当日、レッドブル リンクのライトが消えたとき、グリッドの 3 番グリッドからホールを奪ったのはデニズ オンジュ (Red Bull KTM Tech3) でした。 佐々木は 1 周目にリードを奪ったが、その後 2 回のロング ラップ ペナルティのうち最初のペナルティを受け、その数周後に 2 回目のペナルティが課せられた。日本人の結果は 24 位だった。

ターン 1 での 2 人の対決の後、ムニョスが一時的にリードしましたが、いつものように軽量部門での戦いは接戦で熱狂的でした。 イザン ゲバラ (AutoSolar GASGAS Aspar Team) が 6 周目に初めて首位に立ち、チームメイトでチャンピオンシップ リーダーのセルジオ ガルシアも同時にトップ 3 に食い込みました。

9周目までに、佐々木はトップ10に戻った – 1’41.029は、リーダーのゲバラのタイムよりも10分の8速かった. すぐに佐々木は5番手。 1 周後、彼はすでに 3 番手でした。 数コーナー後、2 番手となり、ご想像のとおり、残り 11 周で佐々木が再びレースをリードしていました。

残り7周で、佐々木と鈴木がわずかにリードを広げ、オンジュ、ガルシア、ゲバラ、ムニョスが後ろから追い上げ、ジャウメ・マシア(Red Bull KTM Ajo)がターン3で無傷でクラッシュした。佐々木と鈴木に追いついた。

残り 3 周で、上位 4 人のライダーは、ディオゴ モレイラ (MT ヘルメット – MSI)、ゲバラ、ホルドガドが後を追う 5 位のガルシアに 0.9 秒差をつけていました。 最終ラップの開始時、佐々木はスズキ、オンジュ、ムニョスの前をリードしていた。 ムニョスがターン3でオンジュをインターセプトしたため、勝利をめぐる4者の戦いでした。トップ11で唯一のホンダライダーだったスズキの前に、そしてオーストリアで見事に2周ペナルティを獲得した後. 16番手からスタートしたムニョスは佐々木、鈴木に続いて表彰台に上がり、オンジュは4位にとどまった。

トップ10、ガルシアがチャンピオンシップリードを拡大

ガルシアはゲバラに対するリードを 5 位に伸ばし、6 位のモレイラはタイトル争いで 2 人のリーダーの間に位置し、ゲバラは 7 位でした。 ホルガドはチェッカーフラッグを受けて 8 位に後退し、現ジュニア Moto3™ ワールド チャンピオンは 9 位のジョン マクフィー (Sterilgarda Husqvarna Max) に 4 秒差をつけ、鳥羽海斗 (CIP Green Power) はトップ 10 に食い込みました。

イギリスGPで優勝した後、デニス・フォギア(レパード・レーシング)は12位で2番目に優れたHondaライダーであり、現在チャンピオンシップでガルシアに49ポイント差をつけています。

Moto3™ライダーの次はミサノへの旅です! 佐々木はガルシアとの差を 55 ポイントまで縮めたが、数週間でさらに差を縮めることができるだろうか?

トップ10:
1.佐々木歩(ステリルガルダ・ハスクバーナ・マックス)
2. 鈴木樹 (Leopard Racing) +0.064
3. デビッド・ムニョス (BOE Motorsports) +0.292
4. Deniz Oncu (Red Bull KTM Tech 3) +0.344
5. Sergio Garcia (AutoSolar GASGAS Aspar チーム) +2.453
6. ディオゴ・モレイラ (MT ヘルメット – MSI) +2,636
7. Izan Guevara (AutoSolar GASGAS Aspar チーム) +3,074
8.ダニエル・ホルガド(レッドブルKTMアジョ)+3.109
9.ジョン・マクフィー(ステリルガルダ・ハスクバーナ・マックス)+7.474
10. 鳥羽海斗 (CIP Green Power) +7,713

すべてのレースのライブ、独占インタビュー、歴史的なレース、その他多くの素晴らしいコンテンツ: すべてが MotoGP™ – ビデオパス!

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。