伊良部島で海上保安庁の艦艇が実弾発射

海上保安庁の船舶が、伊良部島の永山港で検査中に 20 ミリ砲を誤って発射しました。

宮古島海上保安庁によると、けが人や施設への被害は報告されていません。

沿岸警備隊が銃撃の標的を尋問

沿岸警備隊は、数人の乗組員が武器を検査したと述べました。 しかし、火災がどこで発生したかは正確にはわかっていません。

しかし、幹線道路と船の重油タンクの両方が範囲内にあったと考えられています。道路は巡視船から約 170 ヤード、燃料油タンクは約 250 ヤードしか離れていなかったからです。

この道は島の大動脈であり、日中は多くの観光客や宿泊施設の従業員が利用します。

おすすめの編集コンテンツ

この時点で、記事を補足する YouTube の外部コンテンツが見つかります。 ワンクリックで表示・非表示ができます。

外部コンテンツが表示されることに同意します。 これにより、個人データをサードパーティのプラットフォームに送信できます。 当社のプライバシー ポリシーの詳細をご覧ください。

コンテンツを読み込む

県防災危機管理部長は「県道は狭いので、飛来物が車に当たったら大変なことになりかねなかった。 地元住民や観光客が心配する中、海上保安庁には再発防止のための行動をとってもらいたい。

事件は観光に影響を与える可能性があります

松野官房長官は19日の記者会見で、「大変遺憾である。海上保安庁が事件の真相と原因を調査することは承知している」と述べた。

港から約2キロ離れた宿泊施設の経営者は日本のメディアに対し、「夏休みで予約が殺到している。危険なイメージが広まれば、観光に影響を与える可能性がある。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。