京都と観光の愛憎関係は変わらない

京都は日本で最も人気のある観光地の 1 つです。 市は毎年国内外から何百万人もの人々を歓迎していますが、必ずしも挨拶について話すことはできません.

観光客は市の国庫にお金を持ってきており、パンデミックと観光客数の減少により市が破産しているため、特に現時点では非常に必要とされています. しかし、多くの地元住民は大勢の人々に悩まされており、パンデミックの前には「オーバーツーリズム」の話さえありました。

コロナ恐怖

近年、芸者を追いかけて邪魔をしたり、家に入るなど、まったく行儀の悪い観光客が増えています。

これらすべてが、都市に秩序をもたらすための規則の導入につながりましたが、うまくいきませんでした。

日本政府によると、昨年は約517万人、2019年は約1320万人、合計約5350万人が日本の文化の都を訪れました。

現在、人々が観光に関して抱えているもう1つの懸念は、観光客の流れが再開するにつれて、新しいコロナウイルス感染の数が急増するという恐怖です.

その結果、市の意見は分かれています。 経済的な観点からは、観光が以前のレベルで再び安定することを望んでいます。 心情的には、外国人観光客が東京に戻らないことを望みます。

パンデミックは終わっていないかもしれませんが、世界中の人々が旅行を切望しています。 実際、多くの人が今すぐ京都に戻るべきですが、日本政府は国を観光に開放することに慎重です. しかし今のところ、日本への旅行や日本国内の旅行は今のところ安いので、円安はホテルや伝統的なビジネスを助けるでしょう.

たとえば、2019 年には、東京から京都までの新幹線のチケットは 233 ユーロでした。 チケットの価格は現在約 187 ユーロです。

パンデミックで大打撃を受けた京都

パンデミックは京都の観光産業に影響を与えた 特に強く打つ. その理由は、この都市が特に外国人の顧客を重視しているからです。

しかし、政府の警戒だけが、現在この都市を訪れる観光客がほとんどいない理由ではありません。 もう 1 つの理由は、価格の高騰であり、業界が顧客を切実に必要としているときに、国内の観光客を圧迫しています。

日本の人々の放浪癖は巨大ですが、業界の統計が示すように、エネルギーと食品の価格がこれまで以上に高騰しているため、家庭は貯蓄する必要があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。