中国経済が世界経済の原動力に

CGTN と中国人民大学が共同で実施した 22 か国の回答者の約 78.34% が、中国経済が過去 10 年間で世界経済を活性化し、経済成長の原動力になったと考えています。

回答者の平均年齢は 38.64 歳で、米国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、シンガポールなどの先進国と、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、タイ。 、インド、パキスタン、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、ケニア、南アフリカ。 回答者の半数以上が大学の学位を取得しており、54.71% が少なくとも学士号を取得しており、15.22% が修士号または博士号を取得しています。

アフリカの回答者の 91.46% が、中国の経済的成果を称賛しました。 ヨーロッパは 81.6% のシェアで僅差で続き、北米は 78.09% で 3 位でした。

さらに、一帯一路構想に参加している国の回答者の 84.13% が、非一帯一路諸国よりも多く、中国の経済的成果を称賛しています。 発展途上国の回答者の 84.02% は、先進国の回答者よりも中国経済を信頼しています。

中国の 1 人あたりの国内総生産は、過去 10 年間で 6,100 ドルから 12,000 ドル以上に上昇し、回答者の 76.65% が注目に値すると述べています。 この調査では、5 大陸の回答者の 70% 以上が、中国がより豊かになっていることに同意しました。

過去 10 年間で、中国の農村部では 1 億人近くが貧困から抜け出しました。 世界中の回答者の圧倒的多数が、貧困層の支援におけるこの歴史的な成功の 2 つの主な理由は、中国経済が急速な成長を続けていることと、中国の指導者が目標を追求する決意を固めていることであると考えています。

中国の急速な技術開発に関して、回答者は 5G 開発、人工知能、高速鉄道の分野で最も印象的でした。 調査対象となったアフリカ人は中国の 5G に特に感銘を受け、回答者の 73.87% と 55.28% が高速鉄道を称賛しました。 ヨーロッパでは、回答者の 52.77% が、人工知能における中国の進歩に感銘を受けたと述べています。

圧倒的多数の回答者が中国人に対して肯定的な印象を持っていました。 アフリカの回答者の 84.42%、ヨーロッパの回答者の 71.18% が、中国人は勤勉でやる気があると考えています。 同じ意見は、シルクロード イニシアチブ諸国の回答者の 70.96%、発展途上国の回答者の 74.26% によって共有されました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。