中国カトリック愛国協会の肖像(その6)

この記事と次の記事は、中国のカトリック教徒の生活に影響を与える現実の非常に特定の部分を提示することを目的としています. 中国のカトリック教徒は、中国共産党に服従するか、地下に追放されて命を落とす可能性があるため、選択の余地がありません。 記事は中国国外に掲載されます。 したがって、情報に詳しくない読者は、とりわけ、10 月に更新されなければならない中国とバチカンとの間の協定の利害関係を理解することができます。

中国カトリック愛国協会が設立されてから 40 年が経ち、中国共産党の指導者たちがまさにこの基盤で達成しようとした目的と目的を解読することができます。

Ⅱ. 共産主義:新しいタイプの信念

20 世紀前半、中国はひどい政治的、社会的不安に揺れていました。 清王朝は、新世紀に直面してゆっくりと衰退しました。 主な理由は、彼らの機関が近代化に適応できていないためです。 王朝の歴史は 1911 年に劇的に終わり、帝国は決定的に崩壊します。

共和党政権は、機関と市民の状況を改善する上で、それほど幸運ではありませんでした。 政治戦線はすぐに、地域の精力的な領主である「武将」のモザイクを生み出しました。 同時に、国内の政治的爆発は、すぐに中国の領土に侵入する日本の近くの国の強化に直面しています. 一時的な停戦は長くは続かず、日本の崩壊のずっと前に崩壊した.支配派である国民党は、国の深刻な問題に協調的かつ知的な方法で対処することができず、修復不可能なほど崩壊した. これにより、野党は民衆の不満に基づいて組織化することができました。 この野党は、出来事について十分に知らされておらず、パワーゲームについては無知でしたが、すべてのゲームで常に「負け」、まともな生活条件へのアクセスを得るために何よりも生き残ることを望んでいました. 1940 年代後半まで、比較的平和で平穏な時期を経験したことを覚えている中国人はほとんどいませんでした。

共通の敵を打ち負かしたとしても、人々の熱望を抑えることはできませんでした。 個人と国家の側には、「競合する利益を超越し、国民全体への献身を要求し、注目を集める行動を提供できる」ものを探す必要がありました。 しかし、この結果は「もはや個人や国家を導くことができなくなった伝統的な有神論的宗教の中で発展することはできませんでした」. これらは、人々が理解できない災害から逃れるために使用されなくなりました。 また、知的階級が行動の動機や選択肢を生み出すためにそれらを使用することもなくなりました。

祖国の父、孫文が宣言したことは真実であることが証明されました。 イデオロギーは信仰を刺激し、信仰は力を生み出します。 国家的危機の時代におけるそのような重要な集団力。 彼にとっては、1924 年にカントンで定義された「三原則」(ナショナリズム、民主主義、人民の福利)のイデオロギーで十分でした。

第二次世界大戦の終結後、中国共産党は孫文の真の後継者としての地位を確立しました。 彼の功績は、前政府の民族主義軍に対する勝利と、国際舞台での尊敬を取り戻すことによる物質的進歩と国家の誇りの回復という、中華民族の 2 つの主要な野望に取り組む確固たる決意でした。

前世紀以来、国の政治的弱さと人々の物質的な遅れは、現代世界における中国の劣等の主な原因であると絶えず非難されてきました。 革命に勝利した党は、中国と中国人民に活力と繁栄を取り戻すことを目指した。

III. 有神論に対する党の方針

「有神論的宗教に対する共産主義の立場は、信仰と信仰の出会いである」と CK ヤンは述べた。 彼は次のように続けています。 相互に排他的な有機体の間には、相互寛容はなく、衝突だけが存在する可能性があります。

革命前の時代から最近の公式声明に至るまで、北京政権は常に、有神論的宗教は無知と私たちが住んでいる世界を理解できないことの産物であると主張してきました. 革命の進展、科学の拡大、大衆の政治的解放により、宗教は必然的に歴史の隅に落ちる運命にあります。

同じ概念は、中国共産党の創設者の 1 人である陳独秀 (1879-1942) の初期の著作、鄧小平の再統一後に発行されたまさにその文書にも変わっていないように見えます。 現実的な配慮により、宗教の強制的な排除が妨げられました。 しかし、党中央委員会が「偉大なプロレタリア文化大革命」(1966年から1976年)を説明しているように、特に「大惨事の時代」の間だけではありませんでしたが、彼らはこれを完全に防ぎませんでした。 それでも、党に抵抗しようとする、または党の障害となる中国の宗教は、暴力的に弾圧されます。

1960 年、CK ヤンは次のように書いています。 世紀の終わりに、この主張は悲劇的な真実として遡及的に現れます。 いずれにせよ、いわゆる寛容政策は、中国における有神論的宗教の非暴力的排除のための長期計画の放棄を意味するものではありません。 そのための好まれるツールは教育であり、したがって完全に政権の手中にある若者の影響力です。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。