中国、日本に憲法改正を警告

岸田文雄首相率いる与党が参議院選挙で勝利した翌日、中国は日本に対し、平和主義的な憲法を変更しないよう警告した。

月曜日、日本の首相は憲法改正を進める意向を表明した。 中国は、変化は日本の再軍事化につながると主張している。

日本は歴史の教訓を学ばなければならない

中国外務省の王文彬報道官は、 北京での記者会見で: 「日本の憲法改正の問題は、歴史的な理由から、国際社会とアジアの近隣諸国の注目を集めてきました。 日本が歴史の教訓を真摯に学び、平和的発展の道を堅持し、アジアの隣国と国際社会の信頼を得るために具体的な措置を講じることを希望する。

参院選では、自民党など改憲派が必要な3分の2の過半数を獲得した。

憲法改正には衆議院、参議院で三分の二以上の賛成が必要です。 また、国民投票では過半数が必要です。

その長い歴史の中で、日本は韓国と中国の一部を侵略し、大きな残虐行為を犯しました。

中国との関係は悪化している

今年は中国と日本の国交正常化から50周年。

最近、アジアの 2 つの隣国間の関係は、台湾の自治をめぐる意見の不一致をめぐってさらに悪化している。中国は台湾を、必要に応じて力ずくで本土と統合される独立した州と見なしている。

日本は、1972 年に台湾の民主的な島との外交関係を断ち切り、共産党が支配する中国本土との国交を樹立しました。

中国と台湾は、内戦後の 1949 年の分離以来、別々に統治されてきました。

また、中国は海洋活動を強化しており、ロシアとも協力している。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。