中上貴(ホンダ):「自信を失った」 / MotoGP

日本の出光 LCR ホンダ ファクトリー ライダーである中上貴晶は、20 位からスタートした後、ホンダ側の弱点について率直に語り、意気消沈したように見えます。

29 歳の中上貴晶は、5.9km のシルバーストン サーキットで 20 番グリッドからのみ MotoGP レースを開始します。 出光 LCR チームの日本人は、実際には予選で 18 位だったステファン ブラドルに対するペナルティのおかげで順位を獲得しましたが、ベゼッキとのインシデントで 3 順位を下げました。

Q1でステファン・ブラドルに0.3秒遅れた中上は、「正直、2日目はとても難しかったです。 ベストとのこの大きなギャップは予想していませんでした。 私たちは多くの問題を抱えており、自信を失っています。本当に難しいことです。」

「レースペースと予選ラップは違います。 特定の投稿について話すことはできません。 しかし、配置については、それほど遅れて話すことはできません。 良いスタートと安定した走りをしたい」とタカは語った。

LCRのドライバーは次のように説明しています。 ポル エスパルガロは 2021 年に 1 分 58.8 秒でポールポジションを獲得しましたが、今年は 1 秒以上速くポールポジションを獲得しています。 ホンダは改善できませんでした。 正直なところ、私たちは少し迷っています。」

中上はバイクの状況を次のように説明しています。 プレッシャーをかけることはほとんどできません。 しかし、押すと、転倒する可能性が非常に高くなります。 正直なところ、これほど大きな違いがあるとは思っていませんでした」

日本人は次のように認めています。 昨日のFP1で、彼が少し良くなっていることに気がついた。 しかし、それはバランスと他の多くの問題です。 これを一日で改善するのは非常に困難です。 新しいエアロは個人的には何の改善ももたらさないので、今日は今年の前のフェアリングバージョンを使い続けました. スピルバーグかミサノのいずれかの次のレースで、新しいエアロパッケージをもう一度チェックする必要がある」

MotoGP Q2 結果、シルバーストーン (8 月 6 日):

1. ザルコ、ドゥカティ、1:57.767分
2. ビニャーレス、アプリリア、1:57.865 分、+0.098 秒
3. ミラー、ドゥカティ、1:57.931、+0.164
4. クアルタラロ、ヤマハ、1:57.938、+0.171
5. バニャイア、ドゥカティ、1:57.961、+0.194
6. アレックス・エスパルガロ、アプリリア、1:57.966、+0.199
7. ベゼッキ、ドゥカティ、1:58.101、+0.334
8. バスティアニーニ、ドゥカティ、1:58.106、+0.339
9. マーティン、ドゥカティ、1:58.174、+0.407
10. マリーニ、ドゥカティ、1:58.317、+0.550
11.リンス、鈴木、1:58.318、+0.551
12. ミール、スズキ、1:58.543、+0.776

スタメンの残りのメンバー:
13. オリベイラ、KTM、1:58.853 分
14. ブラッド・バインダー、KTM、1:58.932
15. ディ・ジャンナントニオ、ドゥカティ、1:58.948
16. ガードナー、KTM、1:59.120
17. アレックス・マルケス、ホンダ、1:59.288
18. ポル・エスパルガロ、ホンダ、1:59.367
19. モルビデリ、ヤマハ、1:59.390
20. 中上 本田 1:59.614
21. ブラドル*、ホンダ、1:59.339
22. ラウル・フェルナンデス、KTM、1:59.920
23. ダリン・バインダー、ヤマハ、1:59.931
24. ドヴィツィオーゾ、ヤマハ、2:00.232

* = グリッド ペナルティ

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。