一帯一路構想の下での協力の成果について中国外務省

過去8年間、中国は一帯一路構想の下で関係国と互恵協力を深め、堅固で広範な協力成果を上げてきた。

中国外務省の王文彬報道官は、北京での記者会見で次のように述べた。

今年 7 月 4 日現在、中国は 149 の国と 32 の国際機関と共同で一帯一路構想を構築するための協力文書に署名しており、1 兆ドルの投資で 3,000 以上の協力プロジェクトを実施しています。

昨年末までに、中国は一帯一路構想の下で 84 カ国と科学技術協力関係を確立し、1,118 の共同研究プロジェクトを支援し、農業、新エネルギー、健康の分野で 53 の共同研究所の建設を開始した。広報担当者は言った。

また、王外相は第9回中日ハイレベル政治対話で、日本側が両国と両国人民の長期的な核心的利益に焦点を当て、中国に対する正しい認識を構築し、積極的、実用的、そして中国に対する合理的な政策目標を達成し、平和的発展の正しい方向に進み、4つの政治文書と日中の政治的コンセンサスを順守する.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。