ロシアは日本へのガス供給を削減すると脅迫している

日本の岸田文夫首相がロシアの石油の小売価格に上限を設けることを提案した後、ロシアは日本へのガス供給を削減すると脅迫している。

上限は、東欧諸国に対する制裁の一環としてG7諸国によって設定されます 考慮価格を安定させるために。

ロシアは石油とガスの栓を閉める可能性がある

この発言を受けて ロシアのメドベージェフ元首相は、日本はもはやロシアから石油やガスを手に入れることができなくなる。

岸田氏は 7 月 3 日の東京での演説で、ロシアの原油価格は現在の価格の約半分に制限されるべきであり、ロシアが勝手に価格を引き上げるのを防ぐメカニズムを導入すると述べた。

メドベージェフ氏は、提供される石油の量が減り、それに応じて価格が上昇すると回答した。 同時に、貿易価格の上限が導入されれば、日本はもはやサハリン II に参加しないだろうと彼は警告した。

サハリンⅡへの圧力

サハリン II は、ロシアからのガス輸入の大部分 (総輸入量の 8.8% を占める) がプロジェクトに由来するため、日本のエネルギー安全保障にとって重要です。 日本の電力会社やガス会社の多くは、サハリン プロジェクトから LNG を調達しています。 広島ガスだけで、液化天然ガスの約半分がこのプロジェクトから得られます。

ロシアの大統領は最近、日本への圧力を高めるために、オペレーターのサハリン II の資産を別のプロジェクトに引き継ぐよう命令しました。

これにより、サハリン II に関与する日本企業に LNG プロジェクトからの撤退を強いることが容易になります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。