ロシアの石油が安い:トルコはロシアからの石油輸入を倍増

状況: 2022/08/22 12:28 p.m.

トルコはロシアに制裁を課していないため、ロシアからの比較的安価な石油は現時点で特に魅力的です。 前年と比較して、トルコはロシアからの石油輸入を 2 倍以上に増やしました。

ロシアのトルコへの石油輸出は今年、2倍以上になった。 これは、金融サービス プロバイダーの Refinitiv によって午前中に公開されたデータから明らかになったものです。 今年のトルコへのロシアの石油輸入は、1 日あたり平均 200,000 バレルを超えています。 昨年の同じ時期の平均は、日量 98,000 バレルでした。

ウクライナとの戦争にもかかわらず、トルコはロシアのエネルギー供給に依存していると主張して、まだロシアに制裁を加えていません。 8月初旬、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領も、経済協力を強化することに合意した。

安いロシアの石油

データによると、最大のトルコの製油所は、ウラルとシベリアのライト種のロシア産油を大幅に多く処理しました。 同時に、北海、イラク、西アフリカからの石油の購入は減少しています。 ロシアの石油は現在、北海やイラクの石油よりもはるかに安い。 ロシアは、米国とサウジアラビアに次ぐ世界第 3 位の産油国です。 現在、北海産のブレント 1 バレル (159 リットル) の価格は約 96 ドルです。

あるトレーダーは、「ロシア産原油の購入に制限がないため、トルコの精製業者の決定は明らかだ」と語った。 利益率は良好です。 トルコのエネルギー省も製油所も、尋ねられたときにデータについてコメントすることはありませんでした.

発電用石油消費量の増加

国際エネルギー機関は今月、予測を上方修正しただけで、今年のロシアの石油生産量が増加すると予想しています。 代理店は以前、ロシアの供給の急激な落ち込みを想定していました。 現在、発電用の石油の使用の増加と、ガスから石油へのシフトにより、この商品の需要が高まっています。

報告書によると、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国への原油やその他の石油製品の輸出は、開戦以来減少している。 しかし、インド、中国、トルコ、その他の国へのフローの転換と、ロシアの国内需要の増加が、損失を和らげました。

年の初めに、ロシアからの石油輸入は、トルコの総石油輸入の 5 分の 1 を占めました。 研究機関のエネルギーとクリーン エアーに関する研究センター (CREA) のデータによると、トルコは、中国、オランダ、ドイツに次いで、ロシアのガスの最大の輸入国です。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。