ロシアが日本との漁業協定を一時停止

ロシアは日本との漁業協定を停止しました。 この協定により、日本の漁師は係争中の北方諸島周辺の水域で働くことができるようになります。

日本政府は、ロシア外務省が6月7日に発表した決定の影響は限定的であるべきだと述べた。

ロシアは問題を結び付ける

ロシアによる漁業協定の停止は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて日本が課した制裁に続くものであり、この制裁は数回延長されている。

参謀長 松野 浩一 記者会見で言った 6月8日:「ロシアが協定の履行を一方的に停止したことは遺憾だ。

東欧の国は、日本がサハリン島でのプロジェクトに関連する文書に署名することに消極的であると非難し、日本が状況を修正するまで協定を保留するしかないと述べた.

松野氏は、あたかもサハリンとの協力プロジェクトが合意の実施の前提条件であるかのように、ロシアが 2 つの問題を結びつけていることを強調した。

東京の外務省は、協定はサハリンでの協力プロジェクトについて言及していないと述べた。 今年のプロジェクトの実施が明らかにされています。

漁業協定は 1998 年から存在している

漁業協定は 1998 年に両国によって調印されました。モスクワは、この協定は、日本の漁船がロシアの領土で漁業を行うことを可能にするため、両国間の漁業分野で最も重要なものの 1 つと呼びました。

両国はいくつかの漁業協定に調印している。 両国政府は2021年末までにイカ、スケトウダラ、オホーツクホッケの漁獲条件を設定する。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。