リオデジャネイロで開催されたスケートボード ストリート リーグで 2 人の日本人女性が優勝

日曜日にリオデジャネイロで開催された「ストリート リーグ スケートボード シーズン」の最終トーナメントで、日本の中山船が 2 位、西谷紅葉が 3 位でした。

東京五輪銅メダリストの中山選手は20.8点、金メダリストの西谷選手は19.2点。 しかし、リオデジャネイロで21.1ポイントを獲得し、今シーズンの4つのイベントすべてで優勝したブラジルのレイサ・レアルに、どちらも打ち負かされました。 3 人目の日本人参加者である小田夢香は、参加者 8 名の中で最下位でした。

ツアーの最高の毎日の評価は十分ではありません

中山は 2 回のラウンドで 14.7 点を記録し、6 回の試行の最初の 7.8 点は 1 日最高でした。 しかし、6.7 のスコアを獲得した Leals の快進撃は、彼らの勝利に不可欠であることが証明されました。

「リールの結果に勝てなかったのは悔しかった」と中山は語った。 「でも、タイトルを獲得できると思っていたラップを完走できなかったとしても、最初のラップで良い結果を得ることができて良かったです。」

男子スケートボードの表彰台には十分ではありません

男子は東京五輪王者の堀込雄斗選手が7位、ポルトガルのグスタボ・リベイロ選手がスケートボードストリートリーグで27.9点で2年連続優勝。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です