ヨーロッパ選手権: 暑さへの恐怖: マラソン ランナーがスタート時間の変更を求める | 陸上競技ニュース

熱狂的なレースを恐れて、アマナル ペトロス (ヴァッテンシャイト) の周りのドイツのマラソン エースは、ミュンヘンで開催される次の欧州選手権 (8 月 15 日から 21 日) の開始時刻を早朝に移動することを再度要求しています。

「ミュンヘンで開催される欧州選手権での危険な暑さのマラソンを防ぐ」と、約 50 人のランナーが署名した主催者への公開書簡には、次のように書かれています。

現状では、女子マラソンは8月15日午前10時30分、男子マラソンは午前11時30分に予定されています。 Petros and Co. はすでに 2 月に、欧州陸上競技協会 (EAA) とミュンヘンの Olympiapark GmbH の主催者に再考を求めるオンライン請願を開始しましたが、成功しませんでした。 アスリートは現在、自分の健康についての懸念を「真剣に受け止められていない」と感じています。 しかし、EAA は、天気予報がアスリートに健康上のリスクをもたらす場合、ティータイムを延期することに同意しました。

2021 年のオリンピック マラソンは涼しい場所に移動しました

「私たちは皆、マラソンができるだけ多くの聴衆を見つけることを望んでおり、そのためには放送枠が確かに重要です。アスリートの予防可能な健康リスク。」

最近では、カタールで開催された 2019 年のワールドカップ予選レースが騒ぎを引き起こしました。 昨年の日本で開催されたオリンピックでは、暑さを恐れてマラソンとウォーキングの競技が東京ではなく札幌で行われました。

シド

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。