ヨーロッパの主要国の危機: ブラジル、アルゼンチン & Co は、ワールド カップの直前に調整されます。


カタールで開催される砂漠のワールド カップの開幕まであと少しです。あと 2 か月以内にホストのエクアドルとの試合が 11 月 20 日に行われます。 トーナメントの少し前に、タイトルの内輪に属するヨーロッパの大国の多くは、最高の状態からはほど遠い. 現チャンピオンのフランスは、サポートがなければ、ネーションズリーグからの降格を回避できませんでした。 ナショナルコーチのディディエ・デシャン率いるチームは、日曜日にグループ1の終わりにデンマークで2-0で敗れましたが、オーストリアが2位のクロアチアに3-1で敗れたことを利用しました.

広告


イングランドは、DFBチームとの決闘の前でもドイツのグループテーブルの最下位にあり、降格し、ドイツ代表チームも、ハンガリーに対してわずか3で驚くべき敗北を喫したため、来年の夏のネーションズリーグのファイナルフォーの機会を逃しました。ポインター。 スペインは先週の土曜日にスイスに 2 対 1 の苦い敗北を喫しましたが、火曜日の夜にポルトガルと直接対戦することで、ネーションズ リーグ グループ 2 で首位の座を確保することができます。 しかし、ヨーロッパチャンピオンのイタリアは、予選を逃した後、ワールドカップに参加することさえできません. しかし、ヨーロッパ以外の主要なサッカー国は、ワールドカップの開始直前にどのように行動していますか? の スポーツEditorial Network Germany (RND) のスポーツ ポータルである BUZZER は、フォームをチェックしています。


アルゼンチン: スーパースターのリオネル・メッシを中心とするチームは、ワールドカップでメキシコ、ポーランド、サウジアラビアと組んでプレーします。 最近では、アルゼンチンがホンジュラスとの親善試合に 3-0 で勝利しました。 「アルビセレステ」は、目立った弱者を相手に圧倒し、68% のボール支配率で 17 本のシュートを決めました。 少なくとも、ラウタロ・マルティネス (16 分) とメッシ (45+2/69) のゴールがありました。 アルゼンチンは今年これまで好調を維持しており、7 試合中 6 試合 (1 引き分け) で勝利しており、その中にはヨーロッパ チャンピオンのイタリアとの名誉ある Finalissima (3-0) も含まれています。 次のテストは水曜日のジャマイカ戦です。

広告


ブラジル: 5 度の世界​​チャンピオンは今年、ゴールに飢えています – チテ監督のチームは 7 つの国際試合で 21 ゴールを決めており、最近では、マルキーニョス (9 分) とリシャルリソン (28 分/40 分) のゴールの後、先週の金曜日に 3-0 で勝利しました。 ) ガーナに対して。 セレソンはまた、ワールドカップでドイツの対戦相手である日本と親善試合を行い、ネイマールのペナルティの後、1-0で勝利しました。 火曜日にブラジルはチュニジアと対戦し、ワールドカップではグループステージでカメルーン、スイス、セルビアと対戦する。


ウルグアイ: 南米のチームは、先週の金曜日にイランに 1 対 0 で驚くべき敗北を喫しました。これは、ディエゴ アロンソ監督のチームにとって今年初の敗戦でした。 これまでスーパースターのダーウィン・ヌニェス(リバプール)とフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)を擁するチームは、7試合中6勝を挙げていたが、次のテストは火曜夜のカナダ戦だ。 ワールドカップで、ウルグアイはガーナ、ポルトガル、韓国と対戦します。


メキシコ: 「エル トリ」は、カタールのワールド カップ出場権を獲得したため、今年すでに 14 の国際試合を行っており、コンカカフ (北米カリブ協会) でネーションズ リーグがすでに開始されており、7 勝 5 引き分け 2 敗です。 最近では、日曜日のペルーとの親善試合で、ヒルビン ロサノ (85 位) のゴールのおかげで後半に勝利しました。 コロンビアとの次のテストは水曜日に行われます。 ワールドカップでは、チームはアルゼンチンのグループでプレーします。


アメリカ: アメリカ人は常に自分のフォームを探しています。 今年は11回の国際試合で5勝3分け3敗。 そのうちの 1 人は、日本で開催されたドイツのワールドカップ対戦相手とのテストで最後に出場しました (0:2)。 「やるべきことはまだある。改善しなければならないことは明らかだ」とグレッグ・バーホルター監督は日本での破産後語った。 母国では49歳のコーチをめぐる批判の声が高まっている。 イングランド、イラン、ウェールズとのW杯グループ1。


日本: ドイツのグループ対戦相手 は最近アメリカに勝利し、ワールドカップまであと 2 か月で好調です。 日本人は戦術的に非常に成熟しており、最後のテストでチームとして確かな印象を残しました。 これは今年の結果にも反映されています。森保一監督のチームは、12 試合で 8 勝し、それぞれ 2 敗 2 引き分けでした。 鎌田大地選手(アイントラハト・フランクフルト)、吉田麻也選手(シャルケ04)、遠藤航選手(VfBシュツットガルト)など、ブンデスリーガ出身のトップ選手が多い。 次のテストは火曜日のエクアドル戦です。


セネガル: バイエルンのスーパースター、サディオ・マネを擁するアフリカ カップ オブ ネイションズの優勝者は、非常に素晴らしい国際的な年を振り返ることができます。 12 戦 9 勝 1 敗 – これは誇りに思うべきことです。 最近では、土曜日にボリビアに 2-0 で勝利し、マネが最終ゴールを決めました。 次のテストは、火曜日にイランに対して行われます。 ワールドカップでは、チームはエクアドルと対戦しなければならず、グループでホストのカタールとオランダと対戦します。


ガーナ: 元ブンデスリーガのプロ、オットー・アドのチームはまだ体調が整っていません。 ごく最近では、ワールドカップ優勝候補の 1 つであるブラジルに 0 対 3 で敗れましたが、これまでのところ、アフリカ側は入り乱れた年を過ごしています。 プログラムには、2 敗 3 引き分け 2 勝のみの 7 試合が含まれます。 次のテストは火曜日のニカラグア戦です。 ワールドカップは、スイス、ポルトガル、韓国と対戦します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です