マルクス・アイゼンビヒラーが札幌で3位入賞

最後に新しい表彰台: マルクス・アイゼンビヒラーは、日本で失望すると同時に輝きを放っています。 Karl Geiger は DSV-Adler の問題児のままです。

Markus Eisenbichler は、別の寿司のプレートでごちそうを食べ、ぬいぐるみと冬の彼の最初の表彰台を荷物に残しました。 「ここでこんなにうまくいくとは思わなかった。本当にうれしい」札幌で奇妙な週末を過ごした後、6度のスキージャンプの世界チャンピオンは満足そうに微笑み、日本からの8,700キロの帰りの旅に出発した. バイエルンへ。

土曜日、アイゼンビヒラーは 31 番手で、2 周目を惜しくも逃しました。 数時間後、彼は驚くべきことに 1972 年のオリンピック スキー ジャンプで 3 位になり、ジークスドルフ出身で、2022 年 3 月以来初めて表彰台に上がりました。

アイゼンビヒラーは 140.5m ジャンプした後、最初は 7 位でしたが、2 回目の走行で 139.5m で追いつき始め、冬のドイツで 2 回目の表彰台を獲得しました。 アンドレアス ウェリンガーは、札幌での最初の 2 つの大会で 8 位と 7 位でトップのドイツ人選手であり、ヒートの 2 番目に優れたジャンプで 26 位から 12 位まで順位を上げました。

落胆した Four Hills Tournament の後、DSV-Adler には少なくともわずかな回復の兆しが見られました。 しかし、これはカール ガイガーには当てはまりませんでした。オーベルストドルフ出身の男は、日曜日の第 2 ラウンドを逃し、20 位、22 位、34 位で日本を離れました)、まだやるべきことがたくさんあります。

スキージャンプ:バイオリニストにとって「最高の週末ではない」

これは、13 位のガイガーが今シーズン初めて最高のドイツ人ではなくなり、ワールドカップ全体の順位にも見られます。ウェリンガーは 11 位に上昇しました。 ポーランドのダウィド・クバッキは首位を維持しているが、10回連続で表彰台を獲得している。日曜日の11位はこの冬で最悪の成績だった。

他のドイツ人はトップの場所とは何の関係もありません.2020年に大倉山の丘で2位に終わったシュテファン・ライエは、ランク24、17、21でドイツに戻ってきました。位置 22、19、および 22。

一方、小林亮佑は世界のトップに返り咲いた。 競技から自発的に離れた後、日本人はホームヒルで 2 勝を挙げ、1 度は 3 位でフィニッシュしました。 3年ぶりにW杯に復帰した同胞の葛西紀明(50)は、金・土と予選落ちしていたが、日曜にはスタートから外れていた。

笠井氏の次の任務は、きっと長い間待たなければならないだろう。 一方、Eisenbichler and Co. は来週末、オーストリアのクルムで開催されるこの冬最初のスキー フライング イベントに参加する予定で、そこでのわずかな上昇を続けたいと考えています。

スキージャンプ – 札幌:個人男子(ラージヒル)

1. 小林亮佑 (日本) 280.9点 (141.0+143.0m)

2. Halvor Egner Granerud (ノルウェー) 268.9 (140.0+136.5)

3. マルクス・アイゼンビヒラー (ジークスドルフ) 256.9 (140.5+139.5)

4. Domen Prevc (スロベニア) 249.8 (136.0+140.0)

5. ヨハン・アンドレ・フォルファング (ノルウェー) 241.9 (143.5+127.0)

6. Peter Prevc (スロベニア) 241.7 (139.0+130.0)

7. ダニエル・ツォフェニグ (オーストリア) 241.3 (138.5+127.5)

8. ピョートル ジラ (ポーランド) 240.5 (130.0+136.0)

9. アンゼ・ラニセック (スロベニア) 240.4 (129.0+132.5)

10. ティミ ザイク (スロベニア) 239.7 (142.0+121.0)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です