マラソンの開始の準備ができているドイツのチーム

ミュンヘンで開催される 7 日間のヨーロッパ陸上競技選手権大会が月曜日に始まります。 1972 年のオリンピックから 50 年、2002 年の欧州選手権から 20 年を経て、ミュンヘン オリンピック スタジアムで再び国際的なハイレベルな陸上競技大会が開催されます。 ここでは、800 メートルからマラソンまで、いくつかの部分でランニング競技の概要を読むことができます。


ドイツのランナーは、8 月 15 日月曜日の午前 10 時 30 分 (女子) と午前 11 時 30 分 (男子) に市内中心部で開催されるマラソン大会で、非常に強力なチームによって代表されます。 スタートとゴールはオデオン広場で、コースの長さは 10 km です。 ドイツの記録保持者であるアマナル ペトロス (2:06:27) は男子代表チームを率いており、スターティング リストで 2 番目に速い走者となっています。 Katharina Steinruck (アイントラハト・フランクフルト) は、ベストタイム 2:25:59 でエントリーリストの 6 位にランクされました。 両方のドイツチームは、予想される予選レースを通過する限り、レースに組み込まれているヨーロピアンマラソンカップの順位でメダルを獲得する可能性が非常に高くなります。


ウィリー・ヒープ: 「現在の気温を考えると、ティータイムは責任を負いません」

この欧州選手権マラソンは、夏のレースとしては珍しいスタート時間の議論によって、何ヶ月も影を落としてきました. 女子は午前10時30分、男子は1時間遅れでスタートするため、真夏の暑さは避けられません。 欧州陸上競技協会の欧州陸上競技連盟 (EA) は、金曜日の夕方までに、短期的に早朝または夕方に切り替えることができるかどうかを決定したいと考えていましたが、これまでのところ、通知はありませんでした。役人をギリギリに見て、何も変わらないでしょう。 ドイツのマラソンランナーは、理解できないスタート時間に対して何ヶ月もの間抗議してきたが無駄であり、最近では国際的な支援も受けている. その背景には、誰も公式には言っていないが、ほとんどの人が非公式に言っているが、明らかにテレビのスケジュールであり、早朝よりも朝や正午の方が視聴率が高くなると予想される理由は確かにある. アスリートの健康は明らかに二の次です。


「現在のように気温が 28 ~ 30 度の場合、このようなスタート時間は正当化できません」と、ベルリン マラソンのメディカル ディレクターを何十年も務めたウィリー ヒーペは言います。 「専門家でさえ、そのような温度での水分とミネラルの損失を補うことはできません.20度はまだ専門家にとって許容されますが、24度または25度からは重要になります」とベルリンのスポーツドクターは説明します.現在の天気予報によると、月曜日のレース中の気温は 24 ~ 26 度ですが、太陽の下では、これらの値は比例して高くなります。


アマナル・ペトロス: よく訓練されているが気温が心配

「ケニアでは非常に良いトレーニングができたが、ミュンヘンの天気と気温が心配だ」とアマナル・ペトロスは金曜日の朝、ケニアの高地トレーニングキャンプを出発する直前に語った. 「ここケニアは涼しく、雨も降っています。」 金曜日、アマナル・ペトロスは、その間に予測されていたように、雨が降るか、少なくともわずかに気温が下がることを望んでいました. しかし、現在の天気予報では再び降水量がなくなっています。


ゴールに関しては、アマナル・ペトロスが控えています。ヒートランは計算が難しいため、当然のことです。 通常、ドイツの記録保持者は、ミュンヘンでメダルやタイトルのチャンスさえあります。 スタート リストの 1 人のライダーだけが、アマナル ペトロスよりわずかに速いベスト タイムを記録しています。スペイン人のアヤド ラムダセムは、これまでに 2:06:25 を記録しました。TV ライダーのワッテンシャイドは、昨年 12 月のバレンシアで 2:06:27 に改善しました。 すでに 2:07 を下回っている合計 5 人のランナーがレースに参加しています。


2 時間 08 分 49 秒の自己ベストでレースを開始するリヒャルト リンガー (LC レーリンゲン) は、1 年前の札幌オリンピック (日本) での熱いレースで最高のドイツ人ランナーでした。 26 位のとき、ヨーロッパ冬季選手権の開始時刻を知ったとき、彼は憤慨して反応しました。 Hendrik Pfeiffer (TV Wattenscheid / ベストタイム: 2:10:18) と Simon Boch (LG Telis Finanz Regensburg / 2:10:48) は、すでに 2:11 を下回っている 2 人のアスリートです。 これにより、ヨハネス モッチマン (SCC ベルリン/2:12:18) とコンスタンティン ヴェーデル (LG Telis Finanz Regensburg/2:13:02) を含むドイツ チームは、良い位置につけました。 上位 3 名の選手がチームにカウントされます。 しかし、気温が高いことを考えると、スペイン人は本命と見なされなければなりません。


全体として、EM マラソンには多くの参加者がいますが、いくつかの星が欠けています。 近年のランニング シューズの発展と、その結果としてのタイムの大幅な短縮は、スタート リストでも顕著です。 14 人の男性が 2 時間 09 分未満のベストタイムでレースを開始します。 その中には、同じく気温が高かった4年前のベルリンで優勝した現ベルギーチャンピオンのコーエン・ナールトがいる。


Nienke Brinkmann は、タッグチームのタイトルチャンスでドイツ人を支持しています

女性も男性も同じです。ここでも大きなヨーロッパのライダーが欠けていたとしても、トップの範囲は強力です。 19 人のランナーが 2:28 未満の自己ベストを記録しています。 オランダのシューティング スター、ニエンケ ブリンクマンが 2 時間 22 分 51 秒のベストタイムでスターティング リストをリードしています。 高温に耐えられるなら本命です。 彼女の後ろには、経験豊富なフィオヌアラ マコーマック (アイルランド / 2:23:58) とサラ モレイラ (ポルトガル / 2:24:49) がベストタイムで計測されています。 Fabienne Schlumpf (2:26:14) について知りたいことがあります。 スイス人は、1 年前のオリンピックで 12 位で好成績を収めました。 しかし、彼女は冬に心筋炎で拒絶されたため、長い休憩の後、短い準備期間しかありませんでした。


エントリーリストの6番目に速いランナーはカタリーナ・スタインラック(アイントラハト・フランクフルト)で、昨年は2:25:59に改善しました。 彼女は欧州選手権マラソンに向けて長い間準備をしてきたため、今年は 42.195 km を超えるレースを走っていません。 しかし、カタリーナ・スタインラックは、数年前よりも少しだけ高温にうまく対処できるようになったとはいえ、ホット ランナーではありません。 今年はそれぞれ 2 時間 26 分 50 秒で記録を更新した、マラソン初心者のミリアム ダットケとドメニカ マイヤー (いずれも LG テリス フィナンツ レーゲンスブルク) がどのように暑さに対処するかはまだ分からない。


一方、1年前のオリンピックで18位という好成績を収めたデボラ・シェーネボーン(ベストタイム2時間26分55秒)は、マラソンの暑さにも負けない健闘を見せた。 彼女の双子の妹である Rabea Schöneborn (両方とも SCC ベルリン/2:27:03) は、一般的に非常に類似したレベルでパフォーマンスを発揮します。 クリスティーナ・ヘンデル (LG Braunschweig/2:27:29) は、この春のハンブルグでベストタイムを記録し、5 位という好成績を収めました。 .


ドイツの女子チームは非常にバランスが取れているため、月曜日のヨーロッパカップで優勝することさえ可能です. 伝統的に強い国は、このヨーロッパ選手権で過去のように代表されていないため、ドイツのライダーのチャンスが増えます. たとえば、イタリアは開始時に 2 人の選手しかいないため、イタリア人はすぐにカップの順位に入ることができません。


ドイツの最速のランナーとスターター

男性

アヤド・ラムダセムESP 2:06:25


アマナル・ペトロス TV Wattenscheid 2:06:27


ハミド・ベン・ダウド ESP 2:06:35


サミュエル・テスファマリアム SWE 2:06:53


マル・テフェリー ISR 2:06:58


アマレ ISR ドイツ語 2:07:28


Koen Naert BEL 2:07:39


Polat Kemboi Arikan TUR 2:08:14


ダニエル・マテオ ESP2:08:22


ニコラス・ナバロ FRA 2:08:30


イリアス・アウアニ ITA 2:08:34


リチャード リンガー LC レーリンゲン 2:08:49


アブデラジズ・メルズギ ESP 2:08:52


ヤゴ ロホ ESP 2:08:56


ヘンドリック・ファイファー TV Wattenscheid 2:10:18


Simon Boch LG Telis Finanz Regensburg 2:10:48


ヨハネス・モッチマン CSC ベルリン 2:12:18


コンスタンチン ヴェーデル LG テリス フィナンツ レーゲンスブルク 2:13:02


女性

ニエンケ・ブリンクマン NED 2:22:51


フィオヌアラ・マコーマック IRL 2:23:58


サラ・モレイラ POR 2:24:49


ジョバンナ・エピス ITA 2:25:20


アンナ インチェルティ ITA 2:25:32


Katharina Steinruck アイントラハト フランクフルト 2:25:59


アレクサンドラ・リソフスカPOL 2:26:08


ファビエンヌ・シュランプフ SUI 2:26:14


ミリアム ダットケ LG テリス フィナンツ レーゲンスブルク 2:26:50


ドメニカ・マイヤー LG テリス フィナンツ レーゲンスブルク 2:26:50


デボラ・シェーネボーン SCC ベルリン 2:26:55


Rabea Schöneborn CSC ベルリン 2:27:03


ヴィクトリア・カリウジナ UKR 2:27:05


Katarzyna JankowskaPOL 2:27:07


マルタ・ガリマニー ESP 2:27:08


リリア・フィシコヴィチ MDA 2:27:26


クリスティーナ・ヘンケル LG ブラウンシュヴァイク 2:27:29


イザベラ・パスキエヴィッチポーランド 2:27:41


アンジェリカ・マッハPOL 2:27:48


Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。