マイク・シェーファー: A Dream Come True: Senior National Competition – in Japan – Schäfer There

トロイスドルフ。 Bonner TV の上級体操選手であり、Troisdorfer TV のトレーナーでもある Maik Schäfer (58) の夢が叶いました。 ドイツのチームの一員として、彼は初めて行われた国別比較で日本の体操選手と対戦することができました. ドイツチームがわずかに劣っていたという事実はほとんど関係ありません。

この国別比較のアイデアは、Jens Krüger (Exquisa Oberbayern の元ブンデスリーガ 3 位) から生まれました。彼はほぼ 10 年間日本に住んで働いており、日出ずる国で体操に忠実であり続けています。 2019年、日本の体操選手とトレーニングをしているときに、シニアの国際体操競技大会を開催するというアイデアを思いつきました。

しかし、最初に乗り越えなければならないハードルがいくつかありました。 結局、マイクとイェンスに加えて、いくつかのコミットメントから残った体操選手は 5 人だけでした。 、ローランド・ヘイガー(49歳/KTV Ries)とウィルフリード・ホーファー(55歳/KTV Ries)。

ドイツ体操連盟は国際競技のみを許可し、積極的にはサポートしませんでした。 すべての費用は体操選手自身が負担しなければなりませんでした。

感動的な瞬間は、ドイツ大使のクレメンス デ ゲッツェ博士による 2 つのチームの歓迎でした。

2日後、時が来ました。 9月18日、日本体操選手権大会の歴史的第1回国際大会が立川立飛アリーナで開催されました。 55 チームから 420 人以上の選手が参加する厳密にスケジュールされた大会当日、ドイツと日本のシニアは質的に接戦でした。 家にいた人たちは、ライブストリームで興奮に参加することができました. 最終的に、全国の「ドリームチーム」は、平均年齢が高いにもかかわらず、わずかにリードし、163.65 から 162.95 ポイントでドイツチームを上回りました。

このプロフィールをフォローしますか?

このプロフィールの最新コンテンツをお見逃しなく: サインインして、プロフィールや場所から新しいコンテンツを受け取ります 個人的な流れ 従う。

12 このプロフィールに従ってください

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です