ボクサートップが日本で意外なベストセラーに

株式会社ワコール日本で多くの大型衣料品店を運営しています。 同社は最近、ユニセックスでない衣料品を店舗で販売することを決定した. そんなわけでワコールがメンズレースのアンダーウェアを発売したところ、記録的な速さで売り切れてしまった。

新しい男性用下着のマーケティング担当者は、新製品の成功に非常に驚き、そのような需要を予期していませんでした. しかし、男性と女性の境界がますます曖昧になっていることを示しています。 京都を拠点に、さまざまな女性用レース下着を量産。 2021 年 12 月に初めて、男性用のボクサー トップを 7 色で 3,960 円 (約 28.50 ユーロ) で提供することを決定しました。

レースで誓う中年男性

レースは美しいだけでなく、通気性にも優れているため、世界中で人気があります。 このため、ワコールは男性用下着にも使用することを思いつきました。 2021 年の秋、同社はクラウドファンディング キャンペーンの一環として、最初の製品群のために 30 万円 (約 2,200 ユーロ) を調達したいと考えていました。 反響は意外に高く、最終的に700件以上の予約注文と320万円(22,600ユーロ)以上を集めた。

同社がオンラインと 3 つの実店舗で新しいボクサーのペアを発売した直後に、それらはすべて売り切れました。 3ヶ月の販売期間で当初予定されていた数量は、10日間で完売しました。 2022 年 4 月に生産を開始しましたが、まだ可能です。 ワコール まだ要求に応答していません。 この夏は、より多くの色を含むように範囲を拡大し、生産量をさらに増やす予定です。

中でも30代~40代の男性はトップショーツが気になるでしょう。 多くの人がモデルを見て、他のボクサーを着たくないほど熱狂的です. 過去 10 年間で、大手ブランドは伝統的なジェンダー イメージに基づいた服を作る傾向が強まっています。 たとえば、ますます多くのレースが紳士服に取り入れられています。

日本人男性用ボクサートップ 画像:株式会社ワコール

海外のトレンドは日本にも波及

大阪を拠点とする国際的なブランドが、今年初めに男性用のレース ブリーフの提供を開始しました。 下着を売りたいという店舗様からも多くのご要望をいただいているブランドです。 同社は、ヨーロッパとアメリカのトレンドが日本のファッションにもますます影響を与えていることをますます認識しています. 第二次世界大戦後、長いジョンと短いジョンは日本人男性の間で非常に人気がありました. ブリーフは 1950 年代に人気を博しました。

ブリーフは2000年頃に日本に到着し、最も人気のある男性用下着になりました. かつては大量生産製品が歓迎されていましたが、今日では特定の顧客グループのニーズにますます焦点が当てられています。 Eコマースにより、日本人の国際動向に対する意識が高まり、従来にない商品の市場が拡大し続けています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。