プーチン大統領がどのように日本の原爆生存者の間で恐怖を引き起こしたか

これは、8 月上旬の戦没将兵追悼記念日の前に行われる毎年恒例の儀式です。 ジャーナリストは被爆地の広島と長崎を訪れ、原爆の生存者である被爆者にインタビューします。 経験豊富で、時にはあまりにも巧妙すぎる生存者は、自分の話を再び語ります。 彼らはしばしば自分の経験を何百回も報告しました。 しかし、今年は違うことが一つあります。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、必要に応じてウクライナとの戦争でも核兵器を使用すると表明した。 これは、これまで人間に対して使用された唯一の核爆弾の生存者にとって非常に心配です.

パトリック・ウェルター

東京を拠点に日本経済・政治特派員。

91歳の梶本佳子さんは「プーチン大統領が核兵器の使用について真剣に考えずにただ話していることを心から望んでいる. 「世界の誰も、私たちが経験したことを経験する必要はありません。広島で私たちが経験したことは、まったく単純に、純粋な地獄でした。

[1945年8月6日午前8時15分、アメリカ人が世界初の原子爆弾を都市に投下したとき、梶本は14歳でした。死者数は、年末までに140000人と推定されています。3日後、アメリカ人は2番目の原子爆弾で長崎の港湾都市を攻撃しました。原爆のためにそこで約74000人が亡くなりました。8月15日、日本は戦争を放棄し降伏した。

「彼らは幽霊のように見えた」

日本軍にとって重要な都市である広島で、梶本は戦闘機のプロペラの部品を作る工場で戦時中の同級生と一緒に働いていました。 工場は原爆の爆心地から約2.3キロでした。 原爆の閃光が窓から差し込むと、梶本さんの目の前に一瞬、両親と弟3人、祖母の顔が見えた。 彼女は死ぬだろうと思った。 彼女は手で目と耳を覆い、毎日練習していたようにテーブルの下にしゃがんだ。 すると、その圧力と爆発音が工場に届きました。 木造2階建ての建物が倒壊。

彼女は、がれきの下で意識を失っていた期間をもう覚えていません。 梶本はなんとか友達と抜け出した。 彼の足は負傷した。 非常に暗かった、と彼女は報告している。 家や建物がなくなっていました。 すべてがとても静かだったので、彼女は怖がっていました。 彼らは他の仲間と一緒に、建物の瓦礫から他の友人を救おうとしました. 多くの人が足や腕を骨折していました。 すると、爆心地の方角から大やけどを負った人たちがやってきた。

被爆者:サバイバー 梶本佳子さん(91)


被爆者:サバイバー 梶本佳子さん(91)
:


画像: パトリック・ウェルター

「彼らは幽霊のように見えました」と梶本は説明します。 「彼らが女性か男性かはわかりませんでした。」 伸ばした腕からは皮膚が垂れ下がり、目はほとんど見えなかった。 梶本さんによると、一人の少年は切断された右腕を左手に持っていた。 母親は黒焦げになった赤ちゃんを腕に抱えていました。 彼女は叫んでいたが、彼女の口から奇妙な音だけが出た.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です