フォーミュラ1:フェルスタッペンが日本で優勝し、ワールドチャンピオンになる

状況: 2022 年 9 月 10 日午前 11 時 13 分

フォーミュラ 1 ワールド チャンピオンのマックス フェルスタッペンは、雨の降る鈴鹿での日本グランプリで優勝し、世界タイトルを防衛しました。 しかし、レースの順位には若干の混乱がありました。

オランダ人は、レッドブルのチームメイトであるセルジオ・ペレスとフェラーリのスター、シャルル・ルクレール(モナコ)を抑えて日本グランプリで優勝した。 残り4レースでフィニッシュラインを通過した後、フェルスタッペンは、2人の追跡者のどちらによっても、世界選手権の順位のトップに押し上げられることはもうありません.

フェルスタッペンはルクレールがコーナーを逃したことを利用し、5 秒のペナルティを受け、2 位をペレスに譲らなければならなかった。 予定されていた 53 周のうち 28 周しか完了していませんでしたが、世界自動車協会 FIA は満点を与えました。 レースが終わった後も、この点で多くの混乱がありました。

しかし、その後説明がありました。国際自動車協会はフルポイントを与えましたが、53 周のうち規定の 75% 未満、つまり 28 周しか完了していませんでした。この規則は適用されず、中断後にレースを再開できない場合、彼らは説明しました。遅れてリーダー。

「私が世界チャンピオン? 私じゃない? »

「複雑な気持ちです」 フェルスタッペンは次のように述べています。 「この成功に貢献してくれたすべての人に感謝します。」 最初は、彼自身、すでにタイトルを完璧にしたのか理解できませんでした。 「私が世界チャンピオン? 私じゃない? »、彼は授賞式の前に尋ねました。 そして、F1での32回目の勝利とシーズン12回目の勝利の後、彼は確信を持っていました: 「レース後、彼らはFIAから教えてくれました。信じられないことです」

「今シーズンを振り返ると、信じられないほど素晴らしい」フェルスタッペンは後に、 「とても感動的です。」 2度目の称号が優勢に 「さらに良い年だった。そのようなことはめったに起こらない、非常に特別な年だった」 彼はただ今欲しい “住居” 行って楽しんでください。

しとしとと降る雨で長時間の中断が発生

日曜日の鈴鹿は雨が降り止まなかった。 再起動は、中断から 2 時間以上後に行われました。 その間、彼はまったく運転できなかったようです。 4度の世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテル(ヘッペンハイム/アストンマーチン)は、大胆な戦略のおかげで、日本での最後のレースでポイント6位に終わった。 ミック シューマッハのタイヤの賭けは失敗し、ハースのドライバーはポイントを逃して 18 位でフィニッシュし、最後にフィニッシュ ラインを通過したドライバーとなりました。

ガスリーにとって衝撃の瞬間

フランス人のピエール・ガスリーは衝撃の瞬間を経験しました。 2 周目、AlphaTauri のライダーは復旧車両を追い抜いたところです。友人のジュール ビアンキの命を奪った 2014 年の鈴鹿での深刻な事故の記憶がよみがえりました。 この時点ですでにレースは中断。 しかし、ガスリーはセーフティカーの下のピットレーンで以前に部品を交換していたため、まだ順調に進んでおり、パックについていました。 “これは受け入れがたい”ガスリーは無線でうなり声を上げた。 世界協会FIAは、ガスリーが一緒だったことを発表しました 「時速250kmまで」 赤旗はすでに示されていましたが、途中でした。 レース マーシャルは、レース後にインシデントに対処します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です