フォーミュラ 1: セバスチャン ベッテルが鈴鹿で日本のヘッドバンドを着用した理由 | スポーツ

彼らにとって、彼は常に世界チャンピオンになるだろう…

日本ではセバスチャン・ベッテル(35)が絶対的スーパースター! 4 度の世界​​チャンピオンには、モータースポーツを愛する国に多くのファンがいます。 彼らが途中で彼に贈り物を持ってくるほどです。 馬に加えて(「申し訳ありませんが、本物の馬ではありませんでした」)、元フェラーリのドライバーは日の丸のスタイルのヘッドバンドを受け取りました. パドックに到着したとき、彼はそれを誇らしげに着ていました。

BILD はアストン マーティンのドライバーに尋ねました。 どんな内容ですか? ベッテル:「家にはすでに似たようなものがある。 プレゼントで頂いたので、付けました。

日本にもファンが多いセバスチャン・ベッテル

写真:北村俊文/AFP

カチューシャにも日本語の文字。 ベッテルによると、これは「ナンバー1」を意味する日本語の「一番」を表しています。 彼はシーズンの終わりにドライバーズチャンピオンシップを4回リードし、チャンピオンを獲得しました。

ベッテルは冗談を言った:「1番というのはもはや正しくない。私は5番だ」

2 年間のコロナ休暇の後、F1 は今週末、伝説の鈴鹿サーキットに戻ります。 そして、2022 年のファンのハイライトはヘッドバンドだけではありませんでした。同じレーシング スーツを着て、ドイツの国旗が付いた典型的なベッテルのヘルメットをかぶったセバスチャン ベッテルのダブルに扮した人もいました。

セバスチャン・ベッテルは鈴鹿でそっくりさんに会った

セバスチャン・ベッテルは鈴鹿でそっくりさんに会った

写真: トーマス・ウォルファー/dpa

この夏、年末にキャリアの終焉を発表したベッテルにとって、これは彼のお気に入りのトラックでの最後のレースです。 鈴鹿国際レーシングコースでは4勝を挙げ、世界選手権タイトルも獲得。

ベッテルは次のように語っています。 ベッテルは、F1 愛好家であることを公言しています。 スパ・フランコルシャン、ニュルブルクリンク、シルバーストーンと同様に、鈴鹿はレーシングシリーズの伝統的なサーキットの 1 つです。

これまでのところ、彼は特定の場所に戻らないことをあまり明確にしていません. 鈴鹿では違う。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です