ヒロシマでの記念:国連事務総長:人類は装填された武器で遊んでいる – 政治

アントニオ・グテーレス国連事務総長は土曜日、広島平和公園で開かれた記念式典で、「中東から朝鮮半島、ロシアによるウクライナ侵攻に至るまで、深刻な核を含む危機が急速に広がっている」と述べた。 「人類は装填された武器で遊んでいる」. グテーレス氏は「核兵器を保有する国が核戦争の可能性を認めるのはまったく容認できない」と述べ、「核の選択肢を永遠にテーブルから外す。今こそ平和を広める時だ」と付け加えた.

「すべての核ボタンを役に立たなくする」

毎年恒例のヒロシマ追悼式典に国連事務総長が出席するのは12年ぶり。 ロシアとその同盟国であるベラルーシは招待されませんでした。 午前8時15分(現地時間)、アメリカの爆撃機エノラ・ゲイが1945年8月6日に広島に「リトルボーイ」と呼ばれる最初の原子爆弾を投下したとき、参加者は1分間の黙とうを捧げました。 広島市の松井一実市長は「核ボタンの意味をただちになくさなければならない。 99 カ国と EU の代表者に向けたスピーチの中で、彼は特に、罪のない民間人が犠牲になっているウクライナに対するロシアの侵略戦争に言及しました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。