バイデン氏、初のアジア歴訪を日本で締めくくる

米国のジョー・バイデン大統領は、日本での最初の 3 日間のアジア歴訪を締めくくり、米国主導の地域貿易イニシアチブを発表しました。

初めてのアジア訪問で、バイデンは 2 つのメッセージを送りました。韓国企業は、米国に数百億ドルを投資したいと考えています。 そしてバイデンは、米国が同盟の約束を守るかどうかについて、ドナルド・トランプの任期中にアジアの同盟国の間で生じた懐疑論に対抗したいと考えている.

彼は韓国出身で、ソウルでは経済と安全保障の側面について話しました。 バイデンは、弾道ミサイルや核兵器の実験など、北朝鮮からの挑発の可能性に冷静に対応しました。

高インフレと国内の不満が煮えくり返る中、バイデン氏は、ヒュンダイやサムスンなどの外国企業に米国での新たな事業を確立するよう説得することで、米国経済を後押しするという彼の世界的な使命を強調しました。

とりわけ、ヒュンダイはジョージア州の電気自動車とバッテリー工場に 55 億ドルを投資し、電子機器大手のサムスンはテキサス州に 170 億ドルの生産工場を建設したいと考えています。

パンデミックとロシアのウクライナ侵攻により、国家安全保障と経済同盟の再考が促されました。 コロナウイルスの発生により、コンピューターチップ、自動車、その他の製品の不足が生じていますが、バイデン政権は、国内での生産の増加と信頼できる同盟国によって最終的に解決できると述べています.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。