ハンジ・フリック、ワールドカップ後のサポート不足に不満「国は分断された」

  1. ツツ
  2. スポーツ
  3. フットボール

設立:

の: アントニオ・ホセ・リーテル

ハンジ・フリックにとって、カタールでのワールドカップ中の国の雰囲気は批判されてきました. トーナメントは、代表コーチにとってあまりにも政治的でした。

ミュンヘン – ほぼ 3 週間前に封印されました 明らかに弱かったコスタリカに4-2で勝利 でのドイツ代表チームの終わり 世界選手権. ナショナルコーチ 映画ハンシ その後、この残念なトーナメントの理由を調査しました。 しかし、彼に関係しているのは彼のスポーツの過去だけではなく、スポーツ情報サービスとのインタビューで、57歳の彼は政治からの支援の欠如と家からの支援の欠如を非難した.

映画ハンシ
生まれ: 1965 年 2 月 24 日、ハイデルベルクで
ポジション:ナショナルコーチ
2021年8月1日以降のナショナルコーチ
監督としてのこれまでの役割: FC バイエルン、TSG ホッフェンハイム、FC ベメンタール

「有効性が欠けていた」:ハンジ・フリックがカタールワールドカップのスポーツ上の理由について語る

ワールドカップ後、フリックはドイツに到着した後、DFB経営陣との最初の会議で沈黙した 彼はコメントなしで協会の敷地を去った. Sports Information Service とのインタビューで、彼はカタールでの計画が失敗した理由について語っています。

「私たちは効率に欠けていました。 ハイデルベルガーは、予選ラウンドで敗退した理由を説明し、防御的には平均的で、十分なコンパクトさがありませんでした.Flickがトーナメントから直接最後のエリミネーションマッチをフォローするのは簡単ではなかったようです.考えてみてください: 私たちもそこにいた可能性があります. 私たちは早期に除外された責任を負わなければなりません. 残念ながら、それを変えることはできず、それは残念です.

ハンジ フリックと彼の DFB チームは、カタールのワールド カップで落胆しました。 ©フランク・ホールマン/イマゴ

ナショナルコーチのフリックは政治的支​​援を望んでいただろう-「サッカーは政治化されすぎている」

老人 FCバイエルンヘッドコーチは、物議を醸す開催国でのワールドカップトーナメント中の多くのバックグラウンドノイズにも明らかに邪魔されました. 「One Love」腕章討論会. から DFB 自身の価値観を表すため、大会ではキャプテンマークを着用すると発表した。 しかし、FIFAがスポーツ制裁の疑いで禁止した後、協会は引き下がり、包帯の着用を控えた.

この時点で、ハンジ・フリックはドイツ政治からの支持の欠如について不満を漏らしていました。 「フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、『フットボールはあまりにも政治化されている。選手たちはフットボールに集中すべきだ。私は政治をしている』と言いました。 それは私たちにとっても良い兆候だったでしょう」とナショナルコーチは言い、「他の人は政治のために訓練されています」と付け加えました.

ハンジ・フリック、ホスト批判に不満「以前はカタールに対するムードが信じられないほど強かった」

振り返ってみると、日本戦の前に最小限の政治的シグナルがなければ、ドイツ代表が別のトーナメントをプレーしたかどうかを言うのは難しい. そして、 ドイツチーム 褒め言葉も多い 口から口へカタールにおける表現の自由の欠如をターゲットにしています。

フリックにとって、しかし、トーナメントの政治化は行き過ぎでした. トーナメントに至るまでの数年と数ヶ月で、何千人ものゲスト労働者の死が報告され、時には国内の壊滅的な人権状況が報告されました. 「カタールに対するムードは以前は信じられないほど強かった。多くの人が試合を観戦し、多くの人が懸念を抱いていた。国は分断されていた。それは残念だ。サッカーは人々を団結させるはずだ」とフリックは語った。

ハンジ・フリックがドイツのムードを批判 – 他国からの「無条件の支援」

代表監督は自宅からのサポートをもっと望んでいただろうし、ドイツの多くのサッカーファンの批判的な態度を理解していないようだ. そのため、フリックは、開催国を取り巻く状況にもかかわらず、パーティー気分になった他の国のことを指します. 「自分のチームに無条件のサポートを与えてくれた他のチームのファンに会えてうれしく思いました。」

逆に、多くのドイツのファンにとって、パーティーで本当に手放すことができるようにするには、主催者の条件が明らかに満たされている必要があります. 2024年ホーム大会 Flick はおそらく 2022 年よりも多くのサポートを期待できるでしょう。 (ajr)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です