ドルナはインドでのMotoGPイベントが大きなものになることを確認 / MotoGP

ドルナ スポーツは、MotoGP ワールド チャンピオンシップをインドのブッダ インターナショナル サーキットで開催したいと考えています。 もてぎGPの前に、カルメロとカルロス・エスペレータは地方自治体と潜在的なプロモーターと会った。

報告によると、ドルナのCEOであるカルメロ・エスペレータと彼の息子でドルナのスポーツディレクターであるカルロスは、火曜日に日本に向かう途中でインドに立ち寄った。 水曜日、ワールドカップのプロモーターは、インドでの将来のグランプリが進行中であることを放送で確認した. ただし、具体的なタイムテーブルについてはまだ問題がありません。

ドルナ代表団は、予定されていた会場としてニューデリー郊外のブッダ インターナショナル サーキットを訪れただけではありません。 また、潜在的なイベント プロモーターである Fairstreet Sports や、ウッタル プラデーシュ州の首相である Yogi Adityanath と彼の産業開発大臣である Nand Gopal “Nand​​i” を含む地方自治体との会合もありました。 このため、代表団はブッダの国際サーキットがあるウッタル プラデーシュ州の州都ラクナウに行きました。

「インドは巨大な国であり、巨大な市場だ。二輪車業界とスポーツとしてのMotoGPにとって特に重要な市場だ」とカルメロ・エスペレータは試合後語った。 「ワールドカップには巨大なファンがいます。インドでMotoGPイベントを開催できれば、ファンにとって素晴らしいショーになると同時に、この地域でスポーツをさらに促進する機会にもなります。私たちのすべてのパートナー、特にメーカーにとって素晴らしいことです。路上に何億台もの二輪車が走っていることを考えると、このプロジェクトは非常に重要です。このプロジェクトを実施し、これらの素晴らしい MotoGP バイクがインドのファンの前でレースをするのを見たいと思っています。 . “

「MotoGP では、ファンに尽力しており、どこにいても、誰であっても、経済的地位に関係なく、誰もがスポーツにアクセスできるようにしたいと考えています。オートバイは信じられないほどの交通手段であり、社会をさまざまな場所に推進しています。 「インドでのレースは、スポーツの扉を可能な限り広く開くという私たちのコミットメントを反映し、ワールドカップにとって重要な成果となるでしょう。」

フォーミュラ 1 は 2011 年から 2013 年までブッダ インターナショナル サーキットに招待されましたが、主に通関の問題により、それ以来 4 輪のプレミア クラスはインドに戻っていません。

「バーラトGP」が実際にカレンダーに含まれるのは、ドルナと政府の間の「クリアランス」の問題が最高レベルで解決されたときだけです。

Yogi Adityanath 首相は、次のように表明しました。 このような権威あるスポーツイベントを世界規模で開催できることを誇りに思います。 これはホスピタリティと観光部門を後押しするだけでなく、ウッタル プラデーシュ州をグローバル ハブとして高めることにもなります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。