ドライアイは運動で改善できる?

スポーツが心身の健康にとって重要であることはよく知られています。 スポーツと目を必ずしも結びつけるとは限りません。 冬に限らず、ドライアイに悩む人は多い。 残念ながら、私たちは仕事でもプライベートでも、多くの時間を画面の前で過ごしています。 さらに、私たちは常にスマートフォンを見つめており、これも目に害を及ぼします。 全体として、私たちは目に多くの負担をかけているため、ドライアイは論理的な結果です. しかし、研究者は、運動が実際に緩和を提供できることを発見しました。 詳しくはこちら Thealoz Duoでのドライアイ.

ドライアイの原因

目は涙の膜によってホコリや汚れから守られています。 さらに、目もとに潤いを与えるので脱水症状を防ぎます。 彼らは通常、1分間に最大15回まばたきし、この液体が目の表面に広がります. ただし、モニターや画面を常に見つめていると、まばたきの回数が大幅に減ります。 冬には、ほとんどの室内空間が暖房され、この乾燥した空気が順番に目を乾燥させます. ただし、特定の薬やさまざまな病気の服用もドライアイを引き起こす可能性があります。 さらに、年齢とともに涙液の分泌量も減少します。

涙液層は3層で構成されています。 ムチン層とも呼ばれる粘液層は、液体が目に確実に付着するようにする必要があります。 水層が最大の割合を占める。 水分が蒸発しにくいように、上に油の層があります。 残念ながら、これらの 3 つの層は失敗する傾向があります。 そのうちの1人が自分の仕事を果たせなくなったら、それで十分です。 その結果、目が乾き、時にはかゆみを感じることがあります。 状況によっては、涙液の産生が十分でないことがあります。

スポーツは涙液の生産を刺激します

カナダのウォータールー大学は、単純なトレッドミル運動がドライアイの問題を改善できることを証明しました. 合計52人の被験者が2つのグループに分けられ、そのうちの1つはスポーツをしなければなりませんでした. 1 週間に 5 回のトレーニング セッションが計画されましたが、もう 1 つのグループは最大で 1 週間に 1 回のトレーニングが許可されました。

ガーナの専門家は、スポーツの直前と直後に目の検査を手伝いました。 涙がいつ流れ始め、どのくらいの涙液が生成されたかを測定しました。 アスリートは、涙の分泌がはるかに多いことから恩恵を受ける可能性があることが判明しました. 練習直後は特にそうでした。 したがって、コンピューターの前で多くの時間を過ごす場合は、目に良いことをするために、より頻繁に運動する必要があります. 数年前に日本でもこのテーマに関する研究がありました。 参加者が10週間運動した後、ドライアイの問題は大幅に改善されました.

代用涙液は症状を緩和する可能性があります

ドライアイはこの国で広く見られる現象であり、約 10 人に 1 人がこの問題に苦しんでいます。 症状は一様ではなく、目がかゆいだけで少し赤くなる人もいれば、灼熱感や刺すような痛みを感じる人もいます. また、目に異物が入ったように感じる場合もあります。 目は常に刺激されているため、最初はもっと水をまきます。 その後、涙液がゆっくりと減少する場合は、代用品で症状が緩和されることがあります。 これらは薬ではありませんが、目を潤すのに役立ちます。 ただし、2時間ごとに目薬を点眼しなければならない場合があるため、その使用は少し不便な場合があります. 市場には水性および油性ドロップ、スプレー、ジェルがあります。

日中はドロップ、夜はジェルがおすすめです。 症状が非常に深刻な場合は、日中はより粘り気のある処方も使用することをお勧めします. 水性ドロップは、毎日の穏やかな目の潤いに特に適しています。 現代の製品は主にヒアルロン酸に基づいて作られています。

大事です、 ドライアイを適切に治療するそうしないと、慢性結膜炎が発生する可能性があります。 また、スクリーンの前で過ごす時間を減らし、ドラフトを避け、周囲の空気を乾燥させます。 また、腺が詰まらないように、まぶたの端が十分に維持されていることを確認してください。 これを行うには、目に温湿布をした後、まつげのラインに沿って湿った綿棒を走らせます。

ドライアイの緩和に役立つ家庭療法

目が乾いてかゆい場合は、最初は水分不足が原因である可能性があります。 時々、飲む量を増やす必要があります。 ドライアイの最も重要な家庭薬は、キュウリのスライスです。目を落ち着かせ、潤いを与えることができるからです。 これを行うには、閉じた目の上に冷やしたキュウリのスライスを 2 枚、約 5 分間置きます。 キュウリのスライスの代わりに、ジャガイモのスライスを 2 枚重ねることもできます。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。