トヨタ ランドクルーザー マットブラック スペシャルエディション for Japan

トヨタ ランドクルーザー スペシャル エディション
マットブラックエディションはホワイトもご用意

トヨタは、ランドクルーザー200をベースにした新しいスペシャルモデルを日本で発売する。 名前と色は紛らわしいですが、一見しただけです。

トヨタ ランドクルーザーのさまざまな形態を、Google を使わずに祖先に正しく配置できますか? おめでとう: あなたは明らかにこのシリーズに関する優れた専門知識をお持ちです. 他のすべての同時代人は、複雑な相互依存関係について簡単に説明する必要があります。BJ としても知られる元のランド クルーザーから、3 つの要素が生まれました。アフリカまたはオーストラリア (第 3 段落の記事を参照)。 その後、ステーション ワゴンが高級 SUV に姿を変え、昨年ランド クルーザー 300 として発売されました (ビデオを参照)。


最後になりましたが、トヨタがドイツでも提供している 150 があります。ここでは、ランド クルーザーがアッパー ミドル クラスのオフロード SUV であることがわかります。 愛好家の間では、この変種はプラドとして知られています。 また、日本ではこのニックネームが付けられており、トヨタは現在、この世代の新しい特別シリーズを 2009 年から生産している「マット ブラック エディション」です。


光沢のある白または黒

スペシャルモデルは、ランドクルーザープラドをベースにTX装備、Lパッケージ(有料)を設定。 当然のことながら、この車を特別なものにしているのは色です。 しかし、ボディ自体の問題ではありません。マット ブラック エディションには、ホワイトまたはグロッシー ブラックが用意されています。 「マット」とは、エディションモデルでのみこの形で利用できるさまざまなアドオンパーツを指します。



それはマットブラックのサラウンドバーと縦バーの両方を備えたグリルから始まります。 ヘッドライトはダーク コーティングが施され、フォグ ライトは特別なフレームに収められています。 側面から見ると、7.5×18 インチのマットブラック アルミニウム リムに 265/60 R18 タイヤが装着され、特別に設計されたドア ミラー ハウジングが目を引きます。 マットブラックは、ルーフレールとテールゲートのプラスチック要素にも見られます。 内側には、穴の開いたセンターパネルと明るいアクセントステッチを備えたダークレザーのインテリアがあります。


ガソリンやディーゼルのように

マットブラックエディションは、トヨタが日本でランドクルーザープラド用に提供する2つのエンジンバリアントと組み合わせることができます。 最も安いのは、163 馬力、最大 245 Nm の 2.7 リッター 4 気筒ガソリン エンジンを搭載した特別モデルです。 ランドクルーザー スペシャルは、2.8 リッター 4 気筒ターボ ディーゼル、204 馬力、最大出力 500 Nm を搭載した場合、496 万円 (36,630 ユーロ) から始まります。 7 人乗りのトヨタ ランドクルーザー マット ブラック エディションが必要な場合は、158,000 円 (約 1,170 ユーロ) の追加料金がかかります。


調査

はい、ハイブリッド推進で、時代に適合します

いいえ、誰も大きなオフロード車を必要としません

結論

トヨタはランドクルーザープラドのマットブラックエディションを日本で発売。 特別モデルにはマットブラックの追加パーツがいくつかありますが、標準のプラドと比較して技術的な変更はありません。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。